糖尿病と足の異変 | 血流の低下から発症する水虫、巻き爪

images-6
どうして糖尿病になると、足にさまざまな症状が現れてくるのでしょう。また、どのような場合に強く糖尿病を疑った方が良いのでしょう。

すでに糖尿病を患っている方や糖尿病に不安のある方は、足と糖尿病の関係を知ることで、些細な症状からも糖尿病を自覚したり、合併症を早期発見できる確率が高くなります。

足と糖尿病の関係


糖尿病は血液中の糖度が高い状態が継続される病気です。高血糖の状態が長く続くと、血液の流れが悪くなり、末梢まで血液が十分に行き渡らなくなります。
心臓から遠い足や手は、血流低下の影響を受けやすい場所なのです。

血流が低下すると、生命活動に必要な酸素や栄養素が届かない状態になり、血流の悪い人によく見られるような手足の冷え、しびれがおこりやすくなります。
また、身体が冷えた状態が続くと、免疫力が低下し、ウィルスや細菌などに感染しやすくなります。足に感染しやすい代表的な細菌『白癬菌』は水虫の原因となり、爪に侵入すると巻き爪の症状が現れます。

水虫(足白癬)は白癬菌が足の皮膚の角質層に侵入して生じる感染症です。、

爪が皮膚に食い込んでいる状態を陥入爪、左右からの爪の巻き込みが強いものを巻き爪と言います。

冷えやしびれ、水虫や巻き爪は、普段の生活でも発症しやすく、なかなか糖尿病と結び付けにくいものですが、『なんとなくだるい』『立ちくらみがする』『視力が低下した気がする』など、足だけでなく全身に気になる症状を自覚するような場合には、尿糖検査を行ってみてください。

糖尿病により現れる足の症状


糖尿病が原因で現れる足の症状には、初期段階で自覚するものと、糖尿病が進行し、合併症を発症してから現れるものがあります。

糖尿病は自覚しにくいため、糖尿病を患っていることに気づかず、糖尿病神経障害という合併症の症状から、初めて糖尿病と診断されるケースも少なくありません。

神経障害とは何かと言えば、
神経は脳から始まって全身に巡っていき、体の各部分の情報を脳へ伝えてくれています。その情報伝

達が阻害されてくるのが神経障害です。なぜ阻害されてしまうのかというと、血糖が高くなってソルビトールが溜まるなどとも言われていますが、原因の詳細は明確になっていません。

血流が悪くて栄養がいかないのも原因の一つです。

神経が正しく作用していれば、痛みや、熱い冷たい、痒さといった情報を感じることが出来ますが、神経障害が進むと痛みを感じなくなる恐れがあります。

特に気をつけなくてはならないのが足の怪我や火傷です。
足の感覚が鈍くなっているので、怪我や火傷に気つかず、知らない間に悪化していることがあります。

足は、脳から一番遠い場所にあり、わざわざ見ないと目に入らないので、痛みを感じなければ発見が遅れてしまうのです。



images-7

無料のサンプルです。電話等はしません。お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-45-3048 9時から12時、13時から17時迄。月曜~金曜。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み



足潰瘍


足潰瘍とは、足の傷が重症化して皮膚がえぐれたような状態のことを言います。
通常なら足の痛みや違和感に気付き、治療を行うのですが、神経障害などにより足の傷をそのまま放置してしまうため、潰瘍まで進行してしまいます。
更に潰瘍を放置しておくと、皮下組織が破壊され、腐敗していく壊疽となります。

kaiyo_07
循環障害と免疫力低下が重なると、壊疽はどんどん進行していきます。治療は外科・内科の専門的な診察を行い、慎重かつ迅速な対応が必要となります。
自己診断での治療は危険ですので、必ず医師の治療を受けるようにしましょう。

糖尿病と診断されたら、下肢切断という最悪の事態を防ぐため、糖尿病3大合併症の目や腎臓だけでなく、足の異常にも気をつけなくてはなりません。

a9a30f

高血糖によって末梢神経に障害が起こるため、足の感覚がマヒして痛みなどを感じにくくなります。

これが壊疽(えそ)のきっかけになるけがや傷などに気づくのを遅らせ、壊疽をどんどん進行させてしまいます。


糖尿病の初期に起こりやすい足の症状


水虫、巻き爪
タコができやすい
かかとのひび割れや皮膚の乾燥

糖尿病神経障害により起こりやすい足の症状


しびれ、冷え
足がつる、こむらがり
足の裏に違和感がある
虫が這っているような感じがある
痛みを感じない、触ってもわからない

糖尿病時に気をつけるフットケア


足の異常に気づくことは、糖尿病の早期発見に役立ちますが、糖尿病と診断された後も、足のケアは特に重要になってきます。

糖尿病の進行が進むと、痛みや温度の感覚が鈍くなり、ケガをしていても分からないという状態になるためです。
手や顔などは、普段の生活でも目に入るため異常に気がつきやすいのですが、足の指や足の裏などは、意識しないと日常生活で見落としやすい箇所です。

自分の足に合った靴選び

足のトラブルの原因は「靴ずれ」が圧倒的多数を占めます。

たかが「靴ずれ」と考えがちですが、糖尿病の場合、このような軽い傷が、知らず知らずに悪化していきます。

足に合わない靴は靴ずれを起こしやすくなります。靴は足にフィットするものを履きましょう。
新しい靴を買うときは、足が最も大きくなる夕方にし、すぐに履かずに徐々に慣らしていきましょう。
長時間歩くときは、運動靴など、クッション性のあり楽なものを履くようにしましょう。
たかが靴擦れでは済まない糖尿病。靴の専門家であるシューフィッターに相談するのも良いでしょう。

毎日足をよく洗い、清潔に保つ

なんと言っても清潔に保つことが大切です。

普段の生活では目の行き届かない足の裏や指の間など、毎日意識して洗うことで、傷や異変がないかチェックすることもできます。

毎日、ぬるま湯と石鹸で足を洗いましょう。
洗ったあとは清潔なタオルで拭き、よく乾かしましょう。
特に白癬症(水虫)になりやすい指の間は丁寧に洗い、よく乾かしましょう。


足の乾燥を防ぎましょう

乾燥や角質化によるひび割れを作らないようにしましょう。
特に冬場は、こたつに入ったり、ほっとカーペットの上で生活していると、知らぬ間に足裏が乾燥しているものです。足に痛みを感じて、初めてひび割れに気づくこともあります。
乾燥による皮膚のひび割れや、かゆみによる掻き傷を防ぐために、保湿クリームなどで潤いを保つことも大切です。

今まで、足のひび割れなど経験したことがない、という方も、糖尿によって血液の循環が弱まっていることもあるので、改めて気を配るようにしましょう。

足の爪の手入れに注意

つい深爪をしてしまったり、固くて切りにくい爪を無理に切ろうとして怪我をしたり、よくある些細なことも糖尿病では要注意です。
爪は真っ直ぐ切り、角を切り込み過ぎないようにし、切りにくいようなら家族や医師に相談しましょう。

靴下も足の保護にとって重要

血流障害を防ぐために、足を締めつけない、サイズの合ったものを選び、足のムレやすい方は通気性のよいもの、冷え性の方は保温性のよいものなど、自分の足の状態にあった性質のものを選びましょう。

そのた、色は白で、小さな傷からの体液や出血をすぐに見つけやすいもの、 足を衝撃から守るためクッション性のよいものがのぞましいです。


水虫やウオノメ、タコは医師に相談

足病変の自己診断は極めて危険です。特に水虫やウオノメなど足疾患がある場合は、必ず医師に相談しましょう。
家族に水虫の方がいる場合には、お風呂の足拭きマットやスリッパなど自分用のものを用意し、感染を未然に防ぐよう心掛けてください。

たばこは控える

タバコに含まれるニコチンが末梢血管を収縮させ、血流障害を悪化させますので、禁煙に努めましょう。


低温やけどに注意

神経障害があると、温度感覚が鈍り、低温やけどを起こしやすくなります。
やけどは靴ずれについで多い、足のトラブルの原因です。

やけどをしないよう、肘で湯加減を確かめましょう。
長時間の入浴は控えましょう。足がふやけると傷つきやすくなります。
お風呂だけでなく、こたつやヒーターなどは、温度調節に十分注意して使いましょう。


糖尿病を患うと、目や腎臓のチェックは怠らないものの、日常での足のケアは案外忘れがちです。
しかも、知らぬ間に神経障害を起こしていれば、痛みを感じないので、軽く考えてしまう危険があります。痛みが引いて良くなったと思っていたら実は悪化して痛みを感じなくなっていた、とうこともあるのです。
普段の生活を送る中で一番なりやすいのが糖尿病足病変です。

無料のサンプルです。電話等はしません。お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-45-3048 9時から12時、13時から17時迄。月曜~金曜。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み