炭水化物(糖質)はすぐに血糖値をあげる

食後の急速な血糖値上昇が一番危険な状態です。
たんぱく質や脂質はゆっくりとブドウ糖に変化する

栄養素の変化グラフ

横の緑の線が時間です。

縦がどれだけ血糖に変化したかという割合です。たんぱく質・脂肪は、それぞれ50%・10%が糖質に変化します。そのスピードは非常にゆるやかです。

炭水化物はすぐに消化されやすい栄養素です。

食後に血糖値が急上昇


でも、炭水化物は食後2時間以内に100%糖質に変化します。

この急激な変化に対して、インシュリンが働き、健全な人は血管内の血糖値上昇を抑えることができます。

インシュリンの効果の低い人や出にくい人、つまり糖尿病の人は血糖値のコントロールがうまくいきません。

ブドウ糖は血管内でとどまります。

これが一番危険なのです。

《三大栄養素における糖質の含有割合》


三大栄養素における糖質の含有割合


炭水化物は、糖質のかたまりです。できるだけ食べないことが重要です。

たんぱく質にも糖質は含まれますので、良質なたんぱく質で糖質の補充をすることが重要です。