糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とはその名の通り尿に糖が出る病気


しかし尿に糖が出ることイコール糖尿病とは言えないのです。

糖尿病とは血液中のブドウ糖が多すぎる状態が続く病気
なぜ尿に糖が出たのかという「原因」が問題なのです。私たちが食事をすると、食べ物は口の中と小腸でブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖は血液の中に入り脳や筋肉、脂肪などの細胞に運ばれエネルギーとして使われます。血液の中のブドウ糖の量を「血糖値」と呼びます。食後には誰でも血糖値が上昇しますが、膵臓から多量のインスリンが分泌され1~2時間ほどで普通の血糖値に戻ります。

ところが糖尿病の人は血糖値を調節できずに、高血糖の状態が続き尿の中にまで糖が漏れてくるのです。

糖尿病の判定基準 血液1dl中に糖が160~180mgになると、腎臓の処理が間に合わず尿に糖があふれてしまいます。

尿に糖が出る原因は高血糖だけでなく、尿をつくる腎臓に異常がある人や、健康な人でも体調のよくない時、妊娠中などに尿に糖が出る場合があります。

したがって糖尿病というのは「尿に糖が出る病気」というよりは「血液中のブドウ糖が異常に多い病気」と言えます。糖尿病とは「高血糖病」なのです。

ですから糖尿病の検査としてはまず尿検査、そして血液を採取し血糖値を調べます。

しかし血糖値は食前と食後で大きく変化したり、その日の体調にも左右されるので、今ではHbA1cの測定が主流となっています。

Hbとは赤血球の中にあるヘモグロビン
Hbとは赤血球の中にあるヘモグロビンのことで、このヘモグロビンは主に全身に酸素を送る仕事をしています。

血糖値が高い状態が続くと、ヘモグロビンとブドウ糖が結びついて徐々に「糖化ヘモグロビン(HbA1c)」に変化してきます。

HbA1cの割合を調べると、患者の過去一ヶ月から二ヶ月の位の血糖値の平均状態がわかるのです。

正常な人は4~6%位です。8%を越えていたら血糖値の状態に異常が発生していると考えられます。

運動も大切です。

糖尿病の歴史


糖尿病はいつ頃から存在していたのでしょうか?


糖尿病は太平洋戦争以前は日本では、非常に珍しい病気でした。
今から3,500年以上も前に記されたエジプトの書物には、糖尿病に関する幼稚な記述がみられることから、それ以前に存在していたという事がわかります。今から1,700年も前に、トルコのカッパドキアに住んでいた医者アレテウスが糖尿病について詳しく記しています。

インドや中国でも2,000年前にはすでに糖尿病について記されています。

古代インドでは「口渇、頻尿、衰弱を伴う多尿症の尿は密のように甘く、アリが群がる。」と記されたし、中国でも「多尿症(消渇症)の尿は甘く、犬がなめる」と記されています。

しかし消渇は腎臓や尿路の病気と考えられていました。

ヨーロッパで糖尿病患者の尿が甘いことに気づくのはそれよりずっと後のことです。

1921年にインスリンが発見されるまで、糖尿病は3,500年もの間「死の病」として世界中で恐れられていたのです。

19世紀に入るとヨーロッパでは、糖尿病患者の膵臓に異常があることに気づきはじめました。

images-36
1869年にランゲルハンスは、膵臓には消化酵素をつくっている細胞とは別の特別な細胞が、まるで島のように点在していることを発見しました。この部位は現在「ランゲルハンス島」、あるいは「膵島」と呼ばれています。

1889年にはメーリングとミンコフスキーによって、膵臓がなくなると糖尿病が起きるということが発見されました。

これを機に研究者たちは一斉に膵臓に注目しはじめました。

そして遂に1921年、カナダのバンティングとベストによって、糖尿病を抑える働きを持つホルモンが膵臓から抽出されました。

インスリンの発見は正規の大発見
インスリンと名付けられたこのホルモンは翌年から糖尿病治療に活用されて、目覚ましい効果を上げました。

これによって、「糖尿病による死」は「糖尿病と共に生きる」ということに進化しました。



sarasia5-27
糖尿病は生まれつきの体質(遺伝的素因)を背景に、食習慣、運動不足、肥満、加齢などといった環境因子が絡み合って発症する事が分かっています。

環境因子はもちろん、遺伝的素因の中にも様々なバラエティがある上に、そのときどきの外的要因に影響されて、短期間のうちにでも血糖の状態は良くなったり悪くなったりします

体の重要なエネルギー源であるブドウ糖をうまく処理できずに高血糖状態に陥る点や、その結果、血管病変を中心とした様々な合併症を引き起こす点は共通していますが、合併症の起こり方も患者さんごとに違ってきます。

この様に、糖尿病という病気の出発点や経過は十人十色と言え、この多様性は、糖尿病の研究や治療を難しくする一因となっています。

したがって、症状、糖尿病の原因などをよく考慮して、自分自身の体に合った治療を心がけるようにしましょう。

糖尿病は、原因や症状も人それぞれです。

尿糖が出なくなっても糖尿病が治ったとは言えない


尿糖とは、血液中のブドウ糖が尿中に漏れ出てきたものです。
血糖値が160~180mg/dlを超えてしまうと、腎臓での糖の処理能力が限度を超え、尿中に糖が漏れ出てきます。
腎臓は高血糖になっても、尿中に糖を出さない仕組みになっているので、尿糖が出ないだけでは安心できません。

食事制限や肥満解消により血糖を正常値に保ち、尿糖が出ないようにすることはできるかも知れませんが、気を許して食生活が元通りになると、また血糖値は上がってしまうでしょう。尿糖がでなくなったからといって、糖尿病が治ったとは言えないのです。

インスリンを産生しているβ(ベータ)細胞は、破壊されると元には戻らないため、糖尿病は治らない病気だといわれています。

糖尿病は、診断基準はあっても完治基準のない病気です。

まずは、糖尿病にならないことを心がけ、糖尿病予備軍と診断されたらすぐに生活習慣の改善に取り組みましょう。

images-26



■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする