糖尿病と生活習慣病|サラシア茶本舗

糖尿病と医者 あなたの最良のお医者様はあなた自身です。

糖尿病は、生活習慣病のひとつです。
生活習慣病とは、日常の生活で体に負担をかける習慣が続いたことで起こる病気群を指します。

「三大生活習慣病」としては、ガン、心臓病、脳卒中が挙げられます。

それが日本人の死亡原因の上位3位を占めています。


生活習慣病


1950年代、40歳前後から 60歳代の働き盛りの人々に発生率の高い疾患を「成人病」と呼んでいました。脳血管障害、悪性腫瘍、心疾患、糖尿病、痛風など、主として非感染性の慢性疾患がその代表的なものでした。

成人病の発症には食生活、喫煙などの要因が強く関与するため、近年「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。

主に長年の間違った食生活などが要因とされるので、中年以降に限らず、若年層にも発病の危険はあります。ただ、多少乱れた生活をしていても、若さで乗り切ってしまえる面があるため、結局長年の無理がたたって発症するのが中年から老年になるというケースが多いようです。

「成人病」も「生活習慣病」も欧米にはこれに該当する言葉はなく、第二次世界大戦後、欧米食の普及により、脳卒中、癌(がん)、心臓病が増えるようになり使われるようになった日本独自の呼称です。

近年、世界保健機関が糖尿病を成人の重要疾患として取り上げて以来、糖尿病も生活習慣病の一つに加えられました。
糖尿病は、世界の中でも深刻な広がりをみせています。

上位の死亡原因の遠因には糖尿病が存在する確率が高い。

糖尿病は、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、肥満などともに、その他の生活習慣病の中に入ります。

しかしここで注意したいことは、ガン以外の上位の死亡原因の遠因には糖尿病が存在する確率が高いことです。

糖尿病は、体の中で作られるブドウ糖の処理ができなくなり、血液中に糖が溢れてしまう病気です。血液の中に残った糖は、血管にダメージを与え、血管の病気を発症しやすくなるからです。

質的に、糖尿病が死亡原因の第一位と考えられる由縁です。

毎日の生活習慣の改善で大きく良くなります。

生活習慣病の要因


日本全国の三大死因というと、がん、心疾患、そして脳出血等の脳血管疾患と言われています。これらの病気で亡くなる方は全体の約3分の2です。つまり、日本人の約3分の2は生活習慣病で亡くなっていることになります。

生活習慣病になる主な原因は、食事・運動・飲酒・喫煙・睡眠・ストレスなどがあります。飲酒と喫煙を除いては、どれも生活していく上で必要不可欠なものです。

これらの要因が糖尿病を引き起こすかどうかは、個人差があります。先にも書きましたが、若さゆえに気づかず突っ走ってしまえる頃もあるからです。

生活習慣病と関わりの深い「メタボ」はどうでしょうか? 肥満に関しては、代謝や食欲中枢に作用する「肥満遺伝子」が発見されています。「太りやすい体質」が存在することは医学的にも明らかにされています。

実は、日本人の3人に1人は太りやすい遺伝子を持っているといいます。

ただし、肥満体質を受け継いだ全ての人が太っているわけではないのです。やはり、遺伝要因よりも、食生活や運動習慣などが肥満を発生させていると考えるべきだと思います。

どの要因も、長年積み重なった体への負担がある時期を境に慢性疾患となる危険があります。

コップにたとえると、水がこぼれ始めた状態です。

コップにたとえると、水がこぼれ始めた状態です。

一杯になるまでは気づきませんがある日突然こぼれはじめるとどうしようもありません。

自分のコップをイメージしましょう。

生活習慣病の症状


生活習慣病全般に言えることですが、初期の頃は、自覚症状はほとんどないと言っていいかもしれません。
生活習慣病は、ガンを除けば、血管に関係する疾患になります。
血管は、体中を巡ってエネルギーや酸素を供給している大事なパイプです。静脈、動脈、毛細血管からなり、成人の血管は約10万kmもの長さがあります。

血管は細胞の隅々まで行き渡っていますが、血管自体は何か変化があっても特に痛みは感じません。なにしろ10万kmもあるのですから、いちいち痛みを感じていたら生きていけません。
なのに、ちょっとでも詰まったり、切れたりしたら甚大な被害が及ぶのです。

生活習慣病での糖尿病 予防


生活習慣病の予防では、規則正しい生活習慣を送る、につきるのですが、具体的な対策は、まず、生活習慣に関わる要素として、栄養、運動、休養、たばこ、アルコールの5つが取りあげられています。

日本生活習慣病予防協会からの指針として、「一無・二少・三多で生活習慣病を予防」という提案がされています。

一無は禁煙です

「タバコの三悪」とは、タバコによってからだに運び込まれるニコチン、タール、一酸化炭素です。
です。

二少は、少食と少酒

暴飲暴食を控え、腹八分目に抑えることです。
さまざまな生活習慣病がアルコールと密接に関わっていて、大酒をすれば多くの疾病が誘発される可能性が高まります。「健康日本21」のなかでは、アルコールに関して1日20g(日本酒に換算して一合程度)の摂取が望ましいとされています。

三多は、多動・多休・多接の勧め

体を多く動かし(多動)、しっかり休養をとる(多休)、多くの人、事、物に接する生活(多接)の勧めです。
適度な運動、歩くことの進め。休息を惜しまずにしっかり摂る。
さらには、人とのコミュケーションや、趣味活動をして、充実した生活を起こることを勧めています。

糖尿病は、それ自体が原因となって死ぬことはない病気です。ですが、血管にダメージを与える病気であるため違う病気、とりわけ血管に関係する病気を引き起こす要因となるのが糖尿病なのです。

糖尿病になってしまうと生涯にわたる血糖コントロールが必要です。高血糖が続いたとしても、本人は何ともないし、何も感じないので発見が遅れ、気づいたときには重症の状態だったということもあります。
生活習慣病はどれをとっても危険な病気ですが、習慣を改めることによって防げる病気でもあるのです。

食事といっしょにサラシア茶を

サラシアはスリランカに生息する薬木で、太古の昔から健康維持のためサラシア茶として飲まれています。

サラシアの効果について様々な研究実験が行われ、血糖値をコントロールする働きは科学的に証明されています。
また、サラシア茶は腸内環境を整え、善玉菌を増やしてくれます。ダイエット効果も認められています。

血糖値のコントロールに必要なこと