腎臓病の原因は高血糖 | 糖尿病性腎症

sarasia2-1
糖尿病性腎症は自覚症状が無く、早期発見が重要になります。

腎症と糖尿病の関係


腎臓の中にある糸球体は、血液中の老廃物を尿中に排泄するろ過器の働きをしています。

糖尿病で高血糖状態が続くと、糸球体を構成している細かい血管が動脈硬化をおこして固くなり、糸球体の組織の目が粗くなって、ろ過機能が低下します。

するとタンパク質が糸球体の網の目を通り抜けてタンパク尿が出たり、尿を作る働きが低下して老廃物が排泄されなくなり、体内にたまる糖尿病腎症になります。


毛細血管が集まってできている腎臓の糸球体に影響が及ぶと糖尿病腎症となり、最悪の場合、腎不全を招く恐れがあります。
糖尿病腎症についての知識を深めることで、予防・早期発見に努めることが大切です。

糖尿病性腎症について


腎臓は血液をろ過し、体内の老廃物を体の外へと排出しています。血液をろ過する役割は、毛細血管が集まってできている糸球体が担っています。

高血糖状態により糸球体の毛細血管が詰まったり破れたりすると、老廃物のろ過が正常に行われにくくなるのです。
糸球体は1つの腎臓に約100万個あるといわれていますが、血管障害により糸球体は破壊され、徐々に腎機能が低下していきます。
一度壊された糸球体を回復することは容易ではありません。

病状が進行すると、腎臓の機能を失う腎不全となり、腎臓に代わって人工的に血液を浄化する透析が必要となります。

糖尿病患者の増加により、糖尿病性腎症が進行して人工透析に至る患者の数も増えているのが現状です。

糖尿病性腎症は進行のスピードが比較的早いといわれています。発症を防ぐための血糖コントロールはもちろんですが、早期発見・早期治療を行うことで、腎機能の低下を防ぐことも必要です。



糖尿病性腎症の症状


糖尿病性腎症も他の合併症と同じように、自覚症状が現れるのはかなり進行が進んだ状態です。

早期発見のためには、尿検査を行うことです。通常の尿検査よりも尿中微量アルブミン検査が有効です。

微量アルブミンは通常の尿検査では検出できないほど微量の尿タンパクで、腎症初期に尿中に排出されます。微量アルブミン尿が認められる時期(早期腎症)から治療を行えば、改善することもあります。

微量アルブミン尿期を過ぎると顕性アルブミン尿(タンパク尿)へと進行し、むくみや疲れなど、ネフローゼ症候群の症状が現れます。

更に進行すると、老廃物が体に溜まり、尿毒症・腎不全となります。


糖尿病性腎症の治療


一番大切なことは糖尿病治療です。食事療法・運動療法やインスリンによる血糖コントロールをしっかりと行うことで、早期の腎症であれば改善することもあるのです。

症状が進行するにつれ、血圧の上昇もみられますので、血圧コントロールも必要です。

また、タンパク質の過剰摂取は腎機能を悪化させるため、タンパク質摂取制限を行い、進行を防止します。

身体に老廃物が溜まり、尿毒症や腎不全まで進行が進んでしまうと、人工透析治療が行われます。


糖尿病性腎症は自覚症状が出る頃には、かなり進行が進んでいます。糖尿病と診断されたら、早期腎症の段階から治療を行えるよう、必ず定期的に尿中微量アルブミン検査を行いましょう。


早期発見が鍵です!


糖尿病性腎症は自覚症状が無く、検査でタンパク尿が出たときにはすでに発病しており、いったん発病すると腎症を完治することは出来ません
しかし最近では尿中の微量なアルブミンを調べて、ごく初期の腎症を発見する検査が行われるようになりました。

早期発見して厳しく糖尿病をコントロールすれば腎症の発見を抑えることが出来るので、糖尿病の人は定期的に検査を受けることが大切です。

高血糖は腎臓の目詰まりの原因です。
試験紙を使っての「蛋白尿検査」が代表的ですが、尿に蛋白が出るようになるのは腎臓の障害がかなり進んでからなので、もっと早い段階で発見する必要があります。

そこで「微量アルブミン尿検査」が有効になります。

この検査は、非常に微量のタンパク(アルブミン)を、腎症のごく初期に検出する方法です。

腎症は腎不全になるまでほとんど症状がないため自覚症状はあてになりません。

2型糖尿病では発症時期が正確に分からないため、糖尿病と診断されたら検査を受ける必要があり、血糖コントロールが良好な方も予防の意味で年一回の定期検査をお勧めします。

腎症の検査


尿中微量アルブミン検査、尿タンパク検査、クレアチニンクリアランス検査など。
透析療法が必要な腎不全の原因の第一位は糖尿病です。
糖尿病腎症を見つけるために、腎機能を調べる検査が行われます。


糖尿病腎症の治療


陰性または、微量タンパク尿期(早期腎症の時期)

食事療法・運動療法・薬によるきちんとした血糖コントロール、降圧治療(血圧を下げる薬・・・特にACE阻害剤)


タンパク尿期(顕性腎症の時期)

食事療法・運動療法・薬によるきちんとした血糖コントロール、降圧治療、食事療法(タンパク制限食)、利尿剤、漢方薬


腎不全期(末期腎症の時期)

食事療法・運動療法・薬(特にインスリンによるきちんとした療法)療法、降圧治療、低タンパク食、透析療法、尿素窒素吸着剤、カリウム吸着剤、利尿剤、漢方薬、腎移植


腎臓も大切な器官です。定期的に検査をしましょう。

人工透析原因のトップが糖尿病


網膜症は糖尿病患者から光を奪います。
失明は不幸なこととはいえ、直接命に関わる病気ではありません。
しかし糖尿病性腎症は死の危険を伴う怖い合併症です。糖尿病発症後10年以上経つと腎臓に障害が起こりやすくなります。
発症後20年以内に「依存型」患者の40%が腎不全を起こします。
「非依存型」はそれより割合が低くなりますが、決して侮れない数字です。
現在日本で腎不全のため新たに人工透析を受け始める人の30%は糖尿病患者です。

糖尿病とは血液中のブドウ糖が多すぎる状態が続く病気

日本では人工透析原因のトップが糖尿病となってしまいました。
腎臓は血液と共に運ばれてくる老廃物を「ろ過→再吸収→尿として尿管に送る」という仕事をしています。
血液のろ過をするのは糸球体と呼ばれる毛細血管のかたまりで、尿のもとになる「原尿」をつくります。原尿の量は1日に150リットルにも及びます。
これだけの原尿がそのまますべて排出されれば、人間はカラカラに干上がってしまいます。
ですから尿細管では送られてきた現尿の99%を再吸収します。

糖尿病は「血管の病気」とも言われるように、腎臓においてもやはり毛細血管のかたまりである糸球体に異常を来し、尿の中に蛋白が出てきます。
初期のうちは何の自覚症状もなく、尿蛋白も出たり出なかったりします。


最終的には透析が必要となります。

症状がすすむと常時尿から蛋白が検出されるようになり、体内の余分な水分やナトリウムなどが排出されずに、体内にたまってむくみが現れます。
腎臓は血圧調整の役目をするレニンという物質を分泌しています。
ですから腎臓の働きが鈍ると血圧も上がってきます。腎臓がここまで悪くなったときにはすでに網膜症や神経にも相当な障害が現れている場合がほとんどです。
こうなると個々の症状がお互いに促進し合うような形で症状は悪化の一途をたどります。
腎臓も初期であればその進行をくい止められます。しかし末期まで来てしまうともう残された道は人工透析か、腎移植か、死です。
人工透析とは人工腎臓装置を使って血液を濾過するものですが、透析の日は半日から丸一日つぶれてしまい、おまけに体も非常にだるくなったりします。
この透析を週に2回も3回も受けるようになってしまえば、もはや通常の社会生活は送れないことになります。
人工透析は完璧な治療方法ではありません。腎臓の全ての機能を人工的に行うのは無理なので、10年以上の長期透析者は骨障害をはじめとして、全身に及ぶ合併症を覚悟しなければなりません。



腎症の予防


なんと言っても血糖を良好に保つことです。

一方腎臓は病気がなくても、肺や心臓など他の臓器と同様、年齢と共に機能が弱ってきますが、これに加えて、過食、高タンパク食、高塩分食が腎機能低下を助長する因子として知られています。いずれも食事さえきちんと対応していれば防げることなのです。

太り過ぎや塩辛いもの、肉などのタンパク質の摂りすぎに、日頃から注意しましょう。

また、加齢による腎機能の低下は、50歳を過ぎると、性差別があらわれることが分かっています。
女性の緩やかな低下に比べて、男性では機能の低下が強く見られます。
言い換えれば、それだけ、男性の方が腎障害にかかりやすい傾向にあるとも言えます。
同様に、家族に腎症の人がいれば、遺伝的なものや、環境、食事などの習慣が似ているなどの理由で、腎症にかかりやすい傾向があるので、気をつけてください。


腎臓に優しい生活を


糖尿病の合併症は、自覚症状のないまま進行するので、腎症の場合、症状の一つであるむくみに気づくころには、すでに腎症は透析導入が視野に入るところまで進んでしまっています。
また、腎症を併発すると、糖尿病に対する食事管理に加えて、腎臓障害に配慮した塩分、タンパク質の摂取制限が、腎症の進行段階に応じてむずかしくなり、食事療法がいっそう難しくなっていきます。

自覚症状がなくても、血糖コントロールをよくし、定期的に尿検査を受けたり、塩分やタンパクの摂り過ぎに注意した食事にするなど腎臓にやさしい生活を実行することが、糖尿病による腎臓障害を予防するうえで大変重要です。


塩分の摂りすぎはいいことが一つもありません