サラシア茶の飲み方 | 作り方・効果的な時間・整腸作用について

サラシア茶は基本的には、普通のお茶のように煮出して飲みます。

サラシア茶1バッグが1日分です。


サラシア茶は保存料を一切使わない、100%のナチュラルティーです。

サラシア茶の作り方

水を500CCから1000CC用意して一度沸騰させます。
ティーバッグ1個を入れ、弱火にして5分~10分煮出します。

煮出したティーバッグを取り除き、後は飲むだけです。

サラシアには、食後の血糖値の、急激な上昇を防ぐ働きがあります。
食事で摂った糖分の吸収を抑えてくれるので。食後の血糖値が上がりにくくなるのです。

ダイエット用としても人気があるのは、糖の吸収を抑え、また脂肪の分解を助けてくれるためです。
血糖値コントロールを最も効果的にしたいならば、食事を摂る30分前に飲んでおくのが良いとされています。

ただ、1日分として500CCから1000CC作ることができますので、時間にこだわらず、好きな時に好きなだけ飲んで頂くのが、長続きする秘訣かも知れません。

薬のように気使いしながらではなく、普通にお茶としての感覚でお飲み下さい。


サラシア茶にはカフェインが含まれていませんので、夜寝る前でも安心して服用して頂けます。
温かくして飲んでも、夏場でしたら冷やしても、味や効き目にかわりはありません。

サラシア茶を飲むとおならが出る?

サラシア茶を飲み始めると、おならが頻繁にでることがあります。これは腸内環境が変化しているサインと考えてください。
整腸作用が発揮されて、腸内フローラが整えられている証拠といえます。

飲みはじめは善玉菌が活性化し、軟便になったりお腹がゴロゴロしてくることもあります。サラシア茶は便秘改善の効果もあります。飲み続けていると、調子がよくなりおならも減ってきますのでご安心ください。

このような働きから、サラシア茶はダイエット効果もあります。

サラシア茶の味わいは?

サラシアは薬ではなく、スッキリしたハーブティーです。イヤな後味もなく、普通の紅茶のように飲めるお茶です。普段は食事前、食事中、マグカップで気軽に飲みながらお食事をゆっくりとってください。

食べる速度によっても血糖値は変化します。ゆっくり食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え、余分な脂肪もつきにくくなります。

緑茶やウーロン茶とブレンドしてもOKです。ポットに入れて職場へも持っていけます。

開封後の保存は、他のお茶同様、涼しく乾燥した場所で保管してなるべく早くお飲み下さい。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする