宿便の感じがなくなり体重減 | サラシア茶体験談

■宿便の感じがなくなり体重も3ヶ月で3キロ減

北海道に住む谷畠則雄さん(55歳・薬局経営)は、昨年の11月からサラシア茶を飲みはじめました。

「3年前に血糖値を調べたことがあるのですが、そのときは157ミリグラムで、それ以後、検査はしていませんでした。

ところが、昨年の秋ロからのどの渇きや、全身にかゆみが出てきたので、糖尿病が気になりだしました。
そこで、病院で検査をしたら、血糖値が177ミリグラムまで上がっていることがわかりました」
谷畠さんは、医師から食事制限をしてやせるようにいわれましたが、食事制限をするのはめんどうなので、さらしあ茶を試してみることにしました。
谷畠さんは、1リットルの水が沸騰したところにサラシア茶を一袋入れて煮出し、それをコッブに一杯ずつ、一日に2~3回飲みはじめました。
「飲みはじめて数日たったころかおなかがゴロゴロしてきて、ガスがしきりに出るようになりました。
そして徐々に便の出がよくなっただけでなく、トイレへ行く回数もだんだんふえていきました」
谷畠さんは、それまではのどが渇くので、毎日水をかなり飲んでいました。
そのため、頻尿ぎみで便も軟らかかったのですが、いま一つ排便したときのスッキリ感が得られなかったそうです。
ところが、さらしあ茶を飲みはじめて1カ月後には、おなかがスッキリとして、腸の中には何一つ残っていない、いわば宿便がなくなった感じがしたといいます。
「それに伴って、水を飲む回数が減ったので頻尿も治まり、便もちようどいい硬さになりました。
全身のかゆみも、二週間ぐらいで消えていたようです」
サラシア茶の効果を実感した谷畠さんは、多忙な仕事の合間を縫って3カ月後、好結果を期待しながら病院で検査を受けました。すると、血糖値が、150 ミリグラム台まで下がっていたのです。
さらに、それまで75キロあった体重(身長165センチ)が、3キロも減っていたのです。
谷畠さんの場合、おなかがゴロゴロしたり、ガスが出たりするのは1カ月ほどでなくなったそうです。
ただし、たまに便が硬くなったときは、床に入って休む前に水をコッブ1杯飲んで寝ると、翌朝には順調に便が出るそうです。そして、血糖値がもう少し低くなるように、これからもさらしあ茶を飲みつづけていくということでした。

(お客様の感想であり、商品の効果効能を保証するものではありません。)


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする