糖尿病とストレス | 糖尿病の心配ごと

AL0050500
普通の人はストレスが取り除かれると血糖値も正常に戻りますが、長期間ストレス状態に置かれたり、糖尿病患者であると一度あがった血糖はなかなか下がってくれません。

糖尿病とストレスの関係


物理的(騒音、寒さ)、生理的(過労、睡眠不足)、社会的(人間関係、環境変化)刺激を受けて、ストレス状態に置かれた身体は、防衛反応として副腎髄質からアドレナリンやノンアドレナリン、副腎皮質からコレチゾールというホルモンを分泌します。

アドレナリンは肝臓を刺激しグリコーゲンをブドウ糖に分解する働きを促進します。同時に血糖値を下げるインスリン分泌を抑制するため、血糖値は上昇してしまいます。

アドレナリンは血糖値を上げる作用があるためインスリンの働きを弱めると言われます。

さらに心配ごとで不眠になっても、血糖値は上昇します。

普通の人はストレスが取り除かれると血糖値も正常に戻りますが、長期間ストレス状態に置かれたり、糖尿病患者であると一度あがった血糖はなかなか下がってくれません。

ストレスは人間が活動するときの”エネルギー源”であるとも言われています。

人間は元々ストレスをはね返す力を持っており、ある程度のものならばそれに耐えてはね返すことができます。その作用が、上記で解説している通り、アドレナリンの分泌により、血糖を上げ体内にエネルギーを蓄えようとするのです。

ですからストレスは本来、人間が様々な刺激によって適度な興奮を得るためにも必要なものなのです。

逆にストレスが全く無いと人間は生きる活力を失ってしまい、緊張感が無くなってボーっとし、外界に対する反応が鈍くなって身体の老化やボケが早まってしまいます。

ですから、ストレスが良くないと言っても、何の刺激もなく、ただ穏やかなだけでは人間らしさがなくなってしまうということです。

適度なストレスは、それを乗り越える気力や活力が沸いてきて立ち向かうことが出来、次の行動を起こせるようになるのですが、人の中には、たまったストレスを発散しようと過食に走ったり、 お酒で気分を紛らしたり、タバコを吸って気分を沈めたりする人がいます。

しかし、過食・アルコール・たばこ・・・どれをとっても糖尿病の方にとっては血糖コントロールの妨害になるものですね。

ストレスを発散したい


過食・アルコール・たばこ、すべてが糖尿病を悪化させます。

強いストレスが持続すると、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンなど血糖を上昇させるというホルモンの分泌が盛んになりインスリンの働きを邪魔してしまいます。

また自律神経のバランスが乱れ空腹感を感じて暴飲暴食に繋がります。まじめで几帳面な人、頑固な人、内向的でおとなしい人、取り越し苦労の多い人などストレスをため込みやすいタイプです。

また、糖尿病自体がストレスを生む、といった状況もあります。
毎日続く血糖値管理、指先に針を刺す恐怖、以前は何の心配もなく自由に食べられたものが禁止される。特別趣味でもなく、興味もなかったのに、無理やり運動もさせられる。血糖値が高いと注意される、などなど。

気楽だった生活が一変してしまった。

そのように考えてしまうと、不自由な生活を強いられているようですが、ストレスを溜めないためには、第一は健康であることが重要と考えてみてください。

朝日を浴び、体を動かし、一日一日を充実したものにするために、気持ちを外に向けましょう。できなくなったことを考えるより、これからできることを考えるのです。

糖尿病の場合、ストレスだけでも血糖値が上がってしまうのですが、それよりも、ストレス解消の行動がますます血糖値を上げる結果に繫がってしまうことのほうが問題と考えます。

ストレスを受けてはいけないと考えて、血糖値管理を緩くしてしまったり、食事制限をいい加減にしてしまうことがあるからです。

自分にあった上手なストレス解消法を見つけてため込まないことですね。


ストレスが原因で「うつ」になる


ストレスが長引いたり、度が過ぎるとうつ病になりやすくなります。

糖尿病患者の場合、2~3割はうつ病を併発するといわれています。

運動は血糖値を下げる


運動時は血中のブドウ糖を利用するので血糖値が下がります。また、インスリン抵抗性も改善するのでインスリンの節約になり、膵臓を疲れさせません。

ポーツに熱中したり、スポーツ後の爽快感を味わうことによってストレスの発散につながります。

images-44

ストレス解消に効果のあるビタミンB1


ストレスによりビタミンB1が消費されます。

また糖質をエネルギーに変える重要な役目も担っていて、不足すると糖質が利用されず脂肪となって身体にたまり肥満の原因になります。

ですから、ビタミンB1の補給は欠かせません。

ビタミンB1は豚肉に豊富に含まれていますが、同時にビタミンB1の吸収を助けるため、アリシンを多く含む食材(玉葱、ネギ、ニンニク、ニラなど)とマグネシウムを含む食材(豆腐、昆布など)を摂るのがおすすめです。

運動のために、新しいウェアを買いましょう。素敵なシューズを見つけましょう。今まで行ったことがなかった場所に行ってみましょう。ボランティアに挑戦しましょう。誰かのためになってみましょう。

そして、日々の血糖値管理も忘れずに。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする