糖尿病患者が感染症にかかりやすいのは?

PAK73_500
感染症にかかると血糖も上昇して、それによってさらに感染症も悪化するという悪循環に陥る場合があります。

糖尿病患者が感染に弱い理由


感染症とは何かというと、細菌、ウイルスなどの病原菌は体に入って病気を起こすことです。身近な例をあげれば、インフルエンザが流行っているとき、人混みに行って風邪をひいた、という場合などに「感染した」と表現しますね。

改めて感染症という問題を考えると、健康体であっても、細菌やウイルスに感染する危険はどこにでもあるのです。
ただ、健康体であって免疫力が強ければ、体内で白血球がガンバッテくれますので、大事に至らないのです。

なぜ糖尿病を発症したら、感染症にも注意しなければならないのでしょうか。
高血糖の状態では、細い血管の血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が十分に行き渡らなくなります。
白血球は血流に乗って感染箇所の到達し、ウイルスと闘ってくれますので、血流が悪くければ白血球が運ばれるのも遅くなります。ですからうまく作用してくれなくなるのです。

血流の悪さは臓器の健康も左右しますので、弱っていればそれだけ抵抗力が落ちます。

高血糖による全身の血流状態の悪化、神経障害などが原因で感染症が起こりやすくなります。
神経障害がおきていると、通常ならすぐ気づく異変(体がゾクゾクする、足に痛みがあるなど)にも気付きが遅くなって、重症化するまで放っておいた、という危険もあるのです。

さらには、感染症のために投与された薬も、感染部位に到達しにくくなるので薬の効果も上がらないことがあります。

生活していれば、風邪くらいひくこともあるし、虫にさされることもありますが、けして軽く考えず、すばやい対処が必要です。

糖尿病患者によく見られる感染症は?


尿路感染・・・・

尿は腎臓でつくられて、尿管から膀胱、そして尿道を通って体の外に排出されますが、その通り道のことを尿路と言います。尿路は菌が繁殖するにはちょうどいい環境にあるため、腸内にいる大腸菌などが尿路のどこかに侵入すると、大量繁殖してしまいます。

膀胱炎、腎盂炎、腎盂腎炎など。男性よりも女性に多く見られ糖尿病性腎症を併発していると病気の進行も速くなります。


腰から背中の痛み、高熱、嘔吐、尿の濁りなどがあれば尿路感染を疑いましょう。
尿路感染を予防するには、常に清潔をこころがける、トイレを我慢しない。

口腔内感染・・・・

口の中は、常に湿度があり、おおよそ37度前後に保たれているので、、細菌が繁殖するには最適な環境と言えます。

虫歯や歯槽膿漏など。唾液の減少が虫歯が出来やすい環境を作り、血流の悪化が歯周病を起こします。

虫歯や歯槽膿漏が命にかかわるという認識はないので、つい軽く考えがちですが、口の中の細菌が血管を通って全身を巡り、さまざまな病気の原因になっていることがわかってきました。

これによって引き起こされる病気は、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病、誤嚥性肺炎などがあげられます。

対処方は、常に口腔内を清潔に保つこと、口内炎をつくらないよう注意します。加齢によって肌のゆるみが生じるようになると、誤って内側を噛むことも多くなります。食事はゆっくり注意深く咀嚼することをこころがけましょう。

呼吸器感染・・・・

呼吸器感染とは、呼吸する場所、つまり気道に炎症を起こします。いわゆる風邪に代表されるもので、気道にウイルスが侵入することで発症します。

風邪、肺炎、結核など。免疫力・抵抗力の低下により外からのウィルスや細菌が侵入するのを防げなくなります。

症状は、鼻水、咳、発熱があげられます。

対処方は、風邪対策と同じです。乾燥を防ぎ、充分な睡眠をこころがけましょう。

皮膚感染・・・・

通常、皮膚は普段からいろいろな細菌と接触する機会が多いですが、皮膚の表面には、細菌の侵入を阻止できるバリアで覆われています。
しかし、糖尿病にかかっていると、血流が悪くなるため、こうした皮膚のバリアがうまく働かず、細菌の侵入を防ぎにくい状態にあります。
皮膚に感染する細菌は、ほとんど無害なものから、重症に至る危険性のあるものまで、様々です。

比較的に症状が軽い場合は放置しがちですが、小さなキズでも後々重大な事態を招く可能性もあります。
まら、日焼け、掻き傷なども皮膚感染のリスクが高まりますので、注意します。

皮膚に切り傷、すり傷を負った場合はせっけんと水で傷を洗い、清潔な包帯やばんそうこうで保護します。傷口が開いている場合は、抗生物質の軟膏を塗っておきます。
包帯やばんそうこうは朝夕取り替えて傷の治りぐあいをチェックします。
膿が出たり、治りが遅いと感じたら受診するようにしましょう。

糖尿病になるとちょっとした感染症に弱くなります。

感染症にかかったら?


a0002_007565

軽い症状でも放置せず、早めに診察を受け治療しましょう。感染症が起こった場合、血糖値のコントロールの為一時的にインスリンを使用することもあります。 食事についてもケースバイケースで、主治医の指示に従う様にしましょう。 自己判断は禁物です。


感染症の予防


若いのに歯周病がきつい、膀胱炎を繰り返している、水虫が治りにくい、 おできが出来やすいということで調べたら糖尿病であったというひとがたくさんおられます。

血糖値が高いと感染症が重症化しやすく、重症の感染症の為にさらに血糖コントロールがあっかするという悪循環を生じます。

血糖値を良好にコントロールすることが、やっかいな感染症から身を守る最大の予防法です。

また、バランスのとれた食事や適度な運動を通して体力をつけ、ストレスをためないなどの健康的な生活を常日頃心がける様にしましょう。


さらに、全身の清潔を保つことが重要になります。食後の歯磨きを怠らず、虫歯がないかどうかチェックします。冬場の乾燥時期には、お風呂上がりにクリームをつけ、皮膚に傷や痛みがないかどうか注意を払います。
便秘、下痢に注意し、トイレを我慢しない。体を冷やさない。

感染症にかかったらすぐに手当てをしましょう。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする