糖尿病は治らない病気なのか? | サラシア茶本舗 

糖尿病は一生治らない病気と言われます。それはなぜなのでしょう。

糖尿病を発症すると、どんどん病気が進行し、もう二度と健康な状態には戻れないのでしょうか。

平成9年度に行われた厚生省「糖尿病実態調査」によると、糖尿病が強く疑われる人は690万人、可能性を否定できない人を含めると1,370万人と推計されているそうです。

今、糖尿病についての正しい知識を身につけておく必要があるのではないでしょうか。

糖尿病になる原因


糖尿病には、Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病があります。

Ⅰ型糖尿病は、インスリンをつくる膵臓のβ細胞が破壊されておこる糖尿病で、インスリンがほとんどつくられないため、外から(注射で)インスリンを補給しなければなりません。
Ⅱ型糖尿病とは、インスリンをつくる力は残っていますが、インスリンの効きが悪くなっているため、血糖を正常に保てなくなっている状態です。Ⅱ型は、生活習慣、主に食生活の偏りから発症します。

食べ物が体内でブドウ糖に変化し、ブドウ糖をインスリンがエネルギーや脂肪の変えて体中に送ります。
糖尿病というのは、インスリンの働きが弱くて、ブドウ糖が血液に流れてしまう病気です。

糖尿病は、痛みや外的変化を伴いにくい病気です。気がついたときには既に進行が進んでいたということも少なくありません。
しかし、糖尿病自体が死に至るような病という訳ではないのです。
糖尿病とは、血中の糖が基準値よりも多い高血糖状態が長く続くことを言います。
高血糖で痛みが発生したり、見た目の変化がある訳ではありません。

恐ろしいのは、高血糖が引き起こす様々な合併症なのです。

糖尿病の3大合併症『糖尿病網膜症』『糖尿病神経障害』『糖尿病腎症』は、それぞれ悪化すると重篤な事態を引き起こす病気です。
高血糖状態を放っておくと、この3大合併症をはじめとする様々な合併症を発症する危険が高くなるため、血糖コントロールが必要となります。
糖尿病治療とは、まさに血糖をコントロールし、合併症を予防することだとも言えます。


012-02

糖尿病はなぜ治らないの?


糖尿病の原因として、偏った食生活により、インスリンの働きが弱くなるのが糖尿病だと書きました。

働けなくなったインスリンは元には戻らないのです。
インスリンの分泌を促す薬もありますが、これは、膵臓の治療をしてくれる薬ではなく、弱った膵臓に刺激を与えて無理やりインスリンを分泌させているにすぎないのです。

以前、あるお医者さんが「ボロ雑巾をしぼるように」と表現したことがあります。弱った臓器をボロ雑巾と言うのはどうかな? とも思いましたが、実はその通りなのです。膵臓が元気に元通りになることはありません。

しかし、糖尿病になる原因が偏った食生活だとも書きました。つまり、正しい食生活をすれば、血糖はコントロール可能であるし、元気に暮らしていけるのです。

糖尿病治療は、すなわち血糖コントロールです。恐ろしい糖尿病3大合併症を引き起こさないためにも、糖尿病治療は欠かせません。

できる限り高血糖状態にしないよう、食事・運動・薬などでコントロールし、良好な状態を保つのが糖尿病治療です。

糖尿病は完治する、いや完治しない、いろいろな意見があります。
それは、糖尿病の診断基準はあっても、完治の基準が難しいためです。

糖尿病を発症するにはいくつかの原因があります。
食生活や運動不足などの生活習慣も大きく影響します。
一度糖尿病を発症してしまうと、たとえ一時的に血糖値が正常値に戻っても、生活習慣が元に戻ってしまえば、また高血糖状態になる可能性は極めて高いのです。

高血糖は、血管にダメージを与えます。神経にもダメージを与えます。血管が詰まれば重大な病気が引き起こされてしまうのです。これが糖尿病という病気の危険なところです。

糖尿病は、血糖コントロールさえ上手くいけば、合併症の発症も防ぐことができ、健康な人と変わりない生活を送ることができます。
しかし、これから先も血糖値を気にしておく必要があるため、完治、というには難しい病気なのです。

もう元の生活には戻れない?


糖尿病と診断されると、「一生血糖値を気にして生きていくのか、もう元の生活には戻れないんだ」とガッカリする人もいます。
お気持ちは充分解りますが、でも、元の生活とはどんな生活だったでしょうか。
仕事に忙しく不規則な食事、ストレスには酒か甘いもので一時的に回避、運動の楽しさも知らず、朝の新鮮な空気にも気付かない日々。

元の生活がこんな具合に送られていたのだとしたら、戻る必要はありません。糖尿病の治療は、

バランスの取れた規則正しい食事、
適度な運動、
ストレスの回避です。


別に難しいことはなく、制限すべきものはないのです。むしろ、当たり前過ぎるくらい当たり前な生活を過ごせばいいだけです。

注意すべきところがあるとしたら、病気であることには違いないし、合併症のリスクもあるので、血糖値の管理だけはきちんとすることでしょう。

はじめにお医者さんから指導を受けて、血糖のチェック、手足のチェックや、生活の見直しなど、はじめはまじめに取組むものの、特に自覚症状もないので、だんだんおざなりになる危険があります。血糖値の管理自体がストレスに感じてくるのです。自分のこころの中に都合のいい言い訳が生まれてきます。

以前の何も気にしない生活習慣が頭をもたげてくるのです。ですが、ここは、病気管理も仕事のうちと、しっかり理解しておくことが重要です。

自覚症状がなく、気づかないうちに進行していく糖尿病は、だれもが発症する可能性を持っています。
食生活の見直し、適度な運動、定期的な健診で、しっかりと糖尿病の管理を行っておきましょう。

食事管理とサラシア茶


サラシア茶は,サラシアというニシキギ科サラシア属の植物の根を原料としたお茶です。

現地名を『ポンコランチ』といい、インドやスリランカなどの熱帯地方に自生しています。

サラシアにはその根に“DASDES”という成分が発見され、成分自体が日本とアメリカの特許によって保護されています。

食生活はバランスと量を考えなければなりませんが、このサラシア茶は、糖質の吸収を妨げる効果があり、それは病院で使われている薬「グルコバイ」の約5倍とも言われています。

でも薬品ではなく、「お茶」として毎日飲めるくらいのものですから服作用の心配をすることもありません。
「サラシア」はインドでは「アーユルヴェーダ」と呼ばれる古代医学四千年の歴史に支えられています。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする