妊娠と糖尿病 |糖尿病の心配ごと

9cf227f2cc26a205ede7528cc328ba44_s
妊娠糖尿病とは、妊娠によって引き起こされる軽い糖代謝異常です。

妊娠糖尿病になると?


経口糖尿病薬は胎盤通過性があり,原則として用いません。

妊娠糖尿病になると、インスリンのみを使用します。

妊娠糖尿病になると、妊娠中毒症や羊水過多症、感染症などを引き起こしやすくなります。

また、胎児へも影響します。

お母さんの血糖値が高いと、糖が赤ちゃんの方に移行し、胎児も高血糖の状態となります。

赤ちゃんの方に移行した糖は脂肪として蓄えられるため、巨大児がうまれる可能性があり、巨大児になると自然分娩が難しく、帝王切開にならざるを得ない場合があります。

妊娠糖尿病は再発の可能性が高いので、肥満に注意しましょう。
妊娠糖尿病になった妊婦は、出産後は正常に戻るとはいえ、約半数は10~20年後にはまた糖尿病を発症する可能性があるといわれています。

妊娠糖尿病と診断された場合は、食事療法と運動療法によって血糖値を正常に保つよう調整することが大切です。

医師の指導に従い、生活習慣の改善に 努めましょう。

daedec4_s

血糖値が良好にコントロールされていれば、安全な出産は十分可能です。


毎日基礎体温をつけるようにし、自分の体のリズムを把握する。


妊娠を希望するときは、合併症の有無を主治医にチェックしてもらうようにし、血糖を正常な人と変わらない状態に維持して受胎するようにする。


※血糖コントロールが悪く、合併症をそのままにして妊娠すると、母胎は糖尿病性網膜症が進んで視力障害を起こしたり、妊娠中毒症になったりする心配があります。