糖尿病が引き起こす恐ろしい合併症 | サラシア茶本舗

糖尿病の自覚症状はほとんどなく、合併症の発症にともなう自覚症状により初めて糖尿病だと分かることも少なくありません。

定期健診で糖尿病、または糖尿病になる前の『境界線型』と診断されたとしても、自覚症状や痛みが伴わないため、そのまま放置してしまいがちですが、糖尿病治療は早期発見、早期治療が重要です。

糖尿病と合併症


糖尿病で恐ろしいのは様々な合併症をひきおこすことなのです。
合併症(complication)とは、ある病気が原因となって起こる別の病気、または、手術や検査などの後,それらがもとになって起こることがある病気のことを言います。

特に糖尿病は、血液や血管にダメージを受ける病気なので、それが原因となって生じる合併症は、全身に及び危険なものになりかねません。

生命を脅かすほどの重篤な症状にもなりかねない3大合併症とはどのようなものなのでしょう。

糖尿病網膜症


網膜症とは、目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。
網膜には、一番細い毛細血管があります。糖尿病になると、血流が悪くなって網膜の毛細血管が詰まってしまう恐れがあるのです。
糖尿病網膜症は、失明原因となる代表的な病気です。
高血糖状態は、網膜の血管に障害を及ぼします。血管が詰まったり出血したり、血流を確保するため新しい血管ができたりします。

新しい血管はもろくて出血しやすいため、さらに症状を悪化させ、最悪の場合は失明に至ります。

初期の段階では、自覚症状はほとんど感じられません。しかし、目の中の血管は、少しずつ出血を繰り返している状態です。
網膜症が進むと、視界がかすむなどの症状が感じられます。さらに進行すると、視力低下や飛蚊症が起こります。
この時は、目の中の血管が詰まりつつあります。そして大きな出血があると、網膜剥離や、緑内障など、他の病気を併発する場合があります。

レーザー光線で進行を食い止める治療を行うことはできますが、血糖コントロールができていなければ、また同じ症状を引き起こす可能性は高くなります。

糖尿病神経障害


高血糖状態は、末端神経から自律神経、感覚神経に障害を及ぼします。手足に「ぴりぴり」「じんじん」といった痛みやしびれが左右対称にあらわれます。

初期の糖尿病には自覚症状が極めて少ないため、上記のような手のしびれや、麻痺が出て初めて症状を自覚し、病院へ行くという場合もありますが、恐ろしいことに、自覚症状がない人も40%くらいいるので、注意が必要です。

さらに神経障害が進行すると、神経は働きを失っていくため、痛みやしびれではなく、感覚が鈍くなったり感じなくなったりします。すると足に傷を負っても気づきにくくなるのです。

この病気が恐ろしいのは、感覚麻痺により手足の傷に気がつかず、傷口から細菌に感染し、細胞壊死をおこしてしまうことです。

最悪の場合は手足を切断することにもなりかねません。


糖尿病腎症


腎臓は、腰に手を当ててやや背中寄り、左右に1個ずつある、握りこぶし大の臓器で、尿を作って要らない物を捨て、さらに、必要なものを再吸収してコントロールしています。

腎臓で大切な役割を担っている糸球体は、毛細血管でできています。糸球体は、とても細かい血管でできており、これで血液をろ過しています。糖尿病で高血糖状態が長く続くと、この細かい血管が壊れてしまいます。
そうなると、体に老廃物が溜まっていく状態になってしまいます。

高血糖状態は、毛細血管に影響を及ぼしやすいため、網膜と同様に血管障害を引き起こし、腎臓の機能を低下させます。

腎症の初期段階では、ごく微量のたんぱく質が漏れ出てきます。この段階は「早期腎症」と呼ばれ、適切な治療をすればたんぱく質の漏れでない状態に戻すことが出来ます。
「早期腎症」の段階では自覚症状はありません。したがって病院で定期的に検査を受けなければ発見できません。

進行すると、食欲不振や満腹感、浮腫が見られるようになります。顔色が悪い、嘔気、嘔吐、腹痛と発熱などが表れたらかなり進行している場合もあります。

気付かずに放置すると、最悪の場合、腎臓がほとんど機能しなくなり、人工血液透析療法が必要になることもあります。


糖尿病は血管病


糖尿病3大合併症の病気の発症・進行をみても、毛細血管・細動脈などの血管にダメージを受けていることがわかります。

このように、糖尿病と血管病は切っても切れない関係にあり、糖尿病は血管病とも言われているのです。
血管は、動脈、静脈、毛細血管の3種類がありますが、動脈、静脈、は大血管、毛細血管は細小血管に分けられます。

血管障害から発症する合併症は大きく分けて細小血管障害と大血管障害の2つに分けられ、上記の3大合併症は細小血管障害にあたります。

細小血管障害は糖尿病の特異的な病気で、糖尿病を発症していることで起こる病気です。

大血管障害は、糖尿病による発症というよりも、動脈硬化による病気と考えられます。

動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳卒中を引き起こします。

糖尿病発症に至るような食生活・生活習慣が原因で高脂血症となり、血管に障害が起きたとも言えます。

細小血管障害は、糖尿病発症後10年を経て出てくる病気で、大血管障害については糖尿病と診断される前から動脈硬化が進行していると考えられています。

糖尿病や糖尿病の原因となる生活習慣など、様々な要因が絡み合って発症する合併症。
血糖だけでなく、コレステロールや中性脂肪などにも気をつけて、適度な運動を心がけ、糖尿病をはじめとする生活習慣病を予防する意識が必要です。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする