神経障害はなぜ起きる | サラシア茶本舗

糖尿病治療とは、高血糖による血管障害が引き起こす様々な合併症を予防することともいえます。合併症の中でも特に恐ろしいのは3大合併症といわれています。

3大合併症とは以下のものです。
糖尿病性神経障害
糖尿病性網膜症
糖尿病性腎症

3大合併症のうちのひとつ『糖尿病神経障害』は、最も早期に現れ、発症頻度の高い病気と言われています。

糖尿病神経障害とは


手や足の神経にも障害がおこるため、比較的自覚症状が現れやすい病気ですが、めまいやしびれなど、体調不良や気のせいですまされてしまうような症状であるため、気づきにくいのが特徴です。

特に糖尿病と診断されている方は、糖尿病神経障害の知識を深め、少しでも思いあたる症状があれば、迷わず医師と相談することが大切です。

糖尿病神経障害は、高血糖状態が長く続くことにより、神経に障害がおこる病気です。

神経には、多数の神経細胞が集まっている脳、脊髄という中枢神経と、手足や身体の隅々まで張りめぐらされている末梢神経の2つがあります。

血管に例えるなら、動脈、静脈、毛細血管、と同じような形態であり、太くで中心的な神経と、手足の先にまで伸びている細かい神経とがあります。

糖尿病は主に末梢神経に障害がおこります。

糖尿病の影響で、細い毛細血管に支障が出て来るように、末梢神経もまた同じように支障をきたす恐れが出てきます。
中枢神経は糖尿病ではあまりおかされる事はなく、もっとも起こりやすく患者さんを悩ますのが、末梢神経障害です。


末梢神経には、痛みなどを感じる「知覚神経」、筋肉を動かす「運動神経」、 内臓の働きを整えたり体温を調節したりする「自律神経」の3つがあります。
神経障害とは、この3つの神経の働きが低下してくるので、全身に様々な症状が現れてきます。

糖尿病性神経障害の症状


末梢神経には、『知覚神経』『運動神経』『自律神経』があり、どの部分に損傷を受けるかにより症状は変わってきます。

知覚神経障害

手足のしびれや痛みを感じたり、あるいはビリビリと電気が走るような感じが生じます。

一般にこれらの症状は夜間や安静時の方が激しくなり、左右対称性に、つまり両足に、ほぼ期を同じくしてあらわれます。糖尿病罹病期間が長ければ長いほど、血糖コントロールが悪ければ悪いほど症状は強くあらわれます。


進行すると激痛になったり、逆に感覚が鈍くなったりします。

特に目の届きにくい足の感覚が鈍くなると、傷ができても痛みを感じず放置してしまい、壊疽を起こして切断しなくてはならないということもあります。

運動神経障害

運動神経に障害を起こすことは稀ですが、手足の筋力低下や寝ている間にこむら返りを起こすこともあります。他にも顔面神経麻痺、外眼筋麻痺などの症状が現れます。

自律神経障害

自律神経は、心臓や胃、膀胱、血管などの働きを微妙に調節している神経です。

これらに障害が起きるわけですから、体の全ての臓器に異常が生じるわけで、症状は様々です。

  • 【立ちくらみ】
  • 【狭心症のいたみがなくなる】
  • 【胃のもたれ】
  • 【下痢・便秘】
  • 【インポテンツ】
  • 【汗の異常(汗をかく、または汗をかかない)】
  • 【膀胱障害(出にくい)】

OZP73_zu07500

糖尿病は神経障害にも注意しましょう

これらの症状は、患者さん自身、初めのうちは気づかない事が多いのですが、重症になると大変やっかいな事になります。


主治医となんでも相談できる関係を築きましょう

★「立ちくらみ」に注意
朝起床するとき、急に血圧が下がって脳貧血のような状態になり、めまいや立ちくらみを起こすことがあります。これは「起立性立ちくらみ」といわれるもので、訴えの多い障害です。
立ちくらみを防止するためには、寝床から一気に起きあがらず、いったん座り直して一呼吸おいてから立ち上がるようにします。
立ちくらみは、低血糖の症状と間違えやすいので、注意しなくてはなりません。


神経障害の原因


様々な要因が絡み合って神経障害がおこると言われていますが、大きな要因のひとつとして、血流が悪くなることで神経に栄養がいかなくなるため、もうひとつは神経にソルビトールという余分な物質が溜まるためと考えられています。

ソルビトールとは、ブドウ糖から合成されてできる糖アルコールの一種ですが、高血糖がつづくことで、大量に作り出されたソルビトールを処理しきれなくなるのです。それが細胞の中に溜まってしまい、神経細胞に影響を与えます。

目の網膜、腎臓、神経の細胞は、特にソルビトールを大量につくりやすいので、合併症にならないよう、普段から注意を怠らないようにしましょう。

また、食品添加物にも「ソルビトール」がありますが、こちらは、甘味料として合成されたものです。腸からは吸収されないので、口に入れたとしても直接の影響はありません。ですが、甘味料には違いないので、摂らないにこしたことはないですね。

神経とは、もともと、いわば電気信号を伝える電線のような性質を持っています。ところが、高血糖が続くと、あたかもその電線がさびついたかのように、情報が神経を伝わるのに、時間がかかったり、情報が正しく伝わらなくなったりするのです。

高血糖のために細小血管の壁に変性が起き、血流が悪くなると、神経細胞に必要な栄養が行き渡らなくなり、神経障害を起こす一因となります。

他にはビタミンB欠乏や尿毒症などの代謝障害や膠原病・アルコールの過剰摂取などが神経障害の原因として挙げられます。

神経障害の検査


末梢神経の神経障害を調べる検査には、最も有効で簡単な腱反射テストというものがあります。これは神経による刺激の伝達能力を確かめる検査です。

その他、音叉を鳴らしてそれをくるぶしなどの骨に当て、その振動をどの程度まで感ずることが出来るか調べる振動覚検査、電気を利用して神経の伝わる速度を測る神経伝導速度検査、動脈硬化の程度を調べる頸動脈超音波検査や、心臓に異常がないかを調べる心電図検査などがあります。

糖尿病性神経障害の治療


軽い手足のしびれや感覚異常などは、糖尿病治療、すなわち血糖コントロールを行うことで改善するケースが多いのですが、症状が重い場合には、それぞれの症状を緩和させるための薬物療法を行います。

糖尿病性神経障害の症状は、特別な痛みや外的変化ではなく、何となく手がしびれる気がする、何となく下痢が多いなど、よく起こりうる症状であるため、気のせいにしてしまうことがあります。

神経障害は、結果として現れる症状を軽減させる治療を行こなうのは当然ですが、こういった末端の治療だけでは本来の糖尿病が軽減するわけではありません。

糖尿病の管理、血糖値の管理を充分しながら対処するのが望ましい治療といえます。(早めのコントロールは、初期症状を改善し、進行を防ぎます)

・手足をよく観察し、外傷や水虫がないかどうかチェックする!
・きちんと足に合った靴を選ぶ!(靴擦れをしないように)
・あんかや炬燵、風呂の温度など、火傷に気をつける!
・禁煙を心懸ける!
・手足のマッサージをする!
・異常に気が付いたら医師の診察を受け、早めの処置を!

また、普段から運動不足に注意して、できるだけ体を動かし、スムーズに動けるよう、日常生活にも注意を払うようにします。
糖尿病になると、それに伴うリスクも多くなりますが、少しの変化も注意すると共に、ちょっと変化があるから(ちょっとした便秘など)とあまり心配しすぎないことも大事です。そうしないと、すぐに薬だらけになってしまうからです。

日々、管理をきちんとしていれば、自身の状態もおおまかにせよ理解できますので、医師との相談のうえ、健康的な生活を送ることが重要です。