糖尿病になったら甘いものは食べちゃダメ? | さらしあ本舗

images-22
ケーキやチョコレートなどの甘いものは、やめようと思えば思うほど、欲しくなってしまうようです。

砂糖を摂り過ぎると糖尿病になる?


糖尿病という名前から、糖を摂取しすぎると良くないようなイメージですが、糖尿病は血液中のブドウ糖が基準値よりも多い状態が長く続くことを言います。


『甘いものを食べすぎると糖尿病になる』とよく言われます。これは、決して間違いではありませんが、糖尿病の『糖』とは、砂糖の糖ではなくブドウ糖の糖。

なぜ糖尿病になるのか、その原因を知ることで、スイーツとの上手な付き合い方が見えてきます。

糖尿病発症と甘い物


『甘いものを食べないから糖尿病にはならない』意外とそう思っている人が多いようです。

確かに、甘いものを食べ過ぎると糖尿病になりやすいことは事実ですが、食べなくても糖尿病になる可能性はあるのです。

普段よく耳にする『糖尿病』ですが、なぜ病気になるのか、どのような病気なのか、誤解されている面もあるようです。

糖尿病は、インスリン(インシュリン)という血糖(ブドウ糖)をコントロールするホルモンの働きが悪くなり起こる病気です。

食事で摂取した糖質は、胃で消化・分解され、腸で『ブドウ糖』として血液中に吸収されます。

ブドウ糖は私たちが生きていくために必要なエネルギーですが、単独では細胞に取り込まれません。すい臓でつくられる『インスリン』というホルモンの働きによって、初めて細胞はブドウ糖をエネルギーとして利用できるようになります。

血液中に含まれているブドウ糖を『血糖』といい、濃度は食後に高くなりますが、インスリンの働きでエネルギーに変換され、一定の値に保たれるようになっています。

しかし、インスリンの効きが悪くなったり、インスリンが減少したりすると、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、『高血糖』となります。このような、高血糖状態が続くことを『糖尿病』といいます。

糖尿病発症のカギを握るインスリン


インスリンは、すい臓のβ細胞がつくり出す、唯一血糖値を下げることができるホルモンです。糖質を摂取しても、β細胞が頑張ってインスリンをつくり出し、血糖を正常値まで下げてくれている間は、糖尿病にはなりません。

しかし、食べ過ぎや運動不足で高血糖状態が慢性的に続くと、β細胞は休みなくインスリンをつくり続け、やがて疲労が溜まってくると、β細胞は壊れてしまいます。インスリンの分泌量が少なくなると、やがて糖尿病を発症します。

壊れてしまったβ細胞は、もう元には戻りません。糖尿病が治らない病気といわれるのはこのためです。

また、インスリンの分泌量は正常でも、インスリンの効きが悪く、糖尿病を発症する場合もあります。これは、受け取る側の細胞がインスリンをキャッチできない状態のことで、インスリン抵抗性といい、主に運動不足と肥満が原因と言われています。

インスリン抵抗性があると、β細胞はインスリン不足だと勘違いし、通常よりも活発にインスリンをつくり出そうと働きます。そして疲労を増大させ、インスリンをつくり出すことが出来なくなるのです。

もちろん、おやつの食べ過ぎは良くありませんが、糖尿病の本質はこのブドウ糖をコントロールすることにあるのです。

1型糖尿病 2型糖尿病
年 齢 若年者 中高年者
発症の機序 自己免疫機序
その他原因不明

β細胞破壊
遺 伝

環境因子
病 態 インスリン枯渇
(インスリン依存)
インスリン分泌不全

インスリン抵抗性 

甘いものだけが糖じゃない


先ほどご説明した通り、糖とは砂糖のことではなくブドウ糖のこと。

砂糖や果物に含まれる果糖類は体内に入るとブドウ糖になります。

それなら、砂糖=ブドウ糖で同じことのようですが、ご飯やパンなどの炭水化物やジャガイモなどのデンプンもブドウ糖になります。

このように体内に吸収されるとブドウ糖に変化するものを糖質といい、糖質の摂取量を制限することで糖尿病を改善しようとする食事療法を糖質制限といいます。

ブドウ糖は、主食であるお米やパンなどの炭水化物に多く含まれていますので、デザートは食べないけれど、ラーメンやご飯が大好き、という人も糖尿病になりやすい人といえます。

このように考えると、最初に言ったように、甘いものを食べる=糖尿病になる、ということではないのだとしたら、糖尿病でも食べてもいいか、というと、残念ながら、絶対ダメではないものの、やはり食べないほうがいいのです。

なぜなら、砂糖もブドウ糖、さらにほかの炭水化物と比べると体内に吸収される速度も速いからです。速いということは血糖値が急激に上昇してしまうからです。

甘味が悪いのではなく、血糖値の上昇がいけないのですから、上昇しないものならば、たとえ甘くてもOKなのです。

低GI食品を食べよう


GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。つまり、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示しています。この値が低いほど、血液中に入る糖質の量が少ないということになります。

こうした低GIのスイーツは、いろいろな種類が出回っており、通販でも簡単に買うことができます。
また、普段の食事に使う甘味料は、パルスイーツ、ラカントなど、血糖値に影響を与えないものを使えば、自作スイーツも可能です。

但し、果物は糖分が高いですので、食べ過ぎには注意しましょう。そして、低GIだからといって、たくさん食べてしまっては危険です。

糖尿病を予防する食事とは


糖尿病にならないためには、インスリンを大切にすることが最重要です。壊れてしまったβ細胞は二度と元には戻りません。細胞が壊れる前に、すい臓に負担をかけない食生活を心がけるようにしましょう。

肥満・食べ過ぎの改善

まず、肥満や食べ過ぎを自覚している人は、食生活の見直しを!

過度なカロリー摂取を控え、健康な食生活を送りましょう。肥満を改善することで、インスリン抵抗性も改善することが考えられます。

images-99

糖質の少ない食事

甘いケーキはダメだけど、おせんべなら大丈夫、ということではありません。

インスリンを過剰に分泌させないよう、糖質の取り過ぎにに注意してください。ブドウ糖は脳のエネルギーとなる大切な栄養素ですから、欠かすことは出来ません。過剰な制限は必要ありませんが、ラーメンとご飯、焼きそばとチャーハンなど糖質の多く含まれる炭水化物ばかり食べる等は注意が必要です。

長く続けられる食事療法を

甘いものを食べない、糖質を摂らないなど、極端な食事制限を行うと、かえってリバウンドをおこしたり、ストレスによる過食など長続きしにくいものです

徐々に食事の量を減らしたり、内容を変化させることで、食生活に慣れるようにしましょう。

また、今日食べ過ぎたから明日はちょっと控えよう、スイーツを3日我慢したから今日は低GIの高級チョコレートをひとつ食べよう、など自分にご褒美をあげるのも長続きの秘訣です。

もちろん、パーフェクトの食生活に越したことはありませんが、仕事の付き合いや接待など、日常生活をおくる上で100%予定通りにはいきません。

糖尿病予防・治療は、始めてすぐに効果の出るものではなく、長く続けて習慣化することが大切なのです。

無料のサンプルです。電話等はしません。お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-45-3048 9時から12時、13時から17時迄。月曜~金曜。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み




食事療法だけに頼らない


糖尿病治療に食事療法は欠かせませんが、運動療法や禁煙も極めて重要な生活改善です。

糖尿病は、ブドウ糖を処理しきれない病気だと説明しましたが、ブドウ糖は私たちが生きていくために必要なエネルギーなのです。ですから、エネルギーはせっせと消費して余分なブドウ糖を残さない工夫が必要なのです。

糖尿病の注意をダイエットと同じように考えてはいけません。肥満体型の場合、ダイエットは糖尿病の改善に有効なのではありますが、ダイエットというと、摂取カロリーだけを重要視する傾向があります。

ですから、甘いものを食べても、また、少々食べすぎてもその分しっかり運動してカロリー消費を果たせばいいのではないか、と思うかもしれませんが、そうではありません。ブドウ糖が増えれば、体事態に大きな負担がかかってしまうことを忘れていけないのです。

糖尿病と合併症 食事の量から質への転換を計りましょう

「断つ」より「抑える」へ転換しましょう

「糖分」はどうしても、疲れたときや、心に安らぎが必要なときに、ほしくなります。
過食や偏食とは少し対応を変えましょう。

摂りすぎることは、もちろんマイナスですが、上手に利用して普段のストレスを貯めないようにしましょう。

お菓子類に多量に含まれる砂糖は体内に入るとすぐに分解吸収されてしまうために食後の血糖値を急激に上昇させて血糖コントロールの妨げになります。

お菓子類に多量に含まれる砂糖は体内に入るとすぐに分解吸収されてしまう

「そんなことはわかっているけどやめられない」と言う人がたくさんいるのが現状です。

【甘いものには、砂糖が多い。砂糖を摂るとすぐに血糖値があがり、努力が無駄になる】

そういう時は、無駄になると言う意識を強く持ち、食べすぎを防ぐ心を強く持ちましょう。

デザートよりも果物で良質の果糖をとりましょう

血糖値を上げ過ぎないためには、できるだけ甘い物は間食として摂りましょう。

食後はそうでなくても血糖値があがっています。その後に甘いデザートを摂ると必然的に血糖値はグングン上昇します。

食後のデザートは、菓子類よりも果物やヨーグルトにしましょう。

食後のデザートは、菓子類よりも果物やヨーグルトにしましょう。

間食はしっかりと記憶し、食べた日はその後の炭水化物を調整して血糖値の上昇に注意しましょう。

できるだけ小さなサイズのお菓子を選び、一口サイズのものを摂りましょう。
ジュース等も注意してください。

果汁100%と言えども、必ずと言ってもいいほど加糖されています。

そういう飲み物は、ゆっくりと噛むようにして飲むことが満腹感を満たしくれます。
のどの渇きを癒すために、決して一気に飲むことはしてはいけません。

糖分は冷やされると甘味を感じにくくなる性質があります。そのためアイスクリームやかき氷に使われるシロップなどは、相当な甘みが加えられています。

舌で感じる甘味だけに頼らず、甘く感じなくとも糖分がすごい、という物があります。しっかり認識しておきましょう。

市販の加工品には口当たりを良くするため、必ずと言っていいほいど糖が含まれています。意識せずとも、かなりの糖分を摂っていることがあります。
また、糖分は少なくしたからといって栄養不足になるというものではありません。

甘い菓子類やジュースに含まれる砂糖には、上白糖、グラニュー糖、ざら目等など20種類以上あります。

原料は各種類によって若干異なりますが、主原料となるものはショ糖、果糖、ブドウ糖。

このうち、果糖とブドウ糖は一個の糖からなる単糖類です。

果糖とブドウ糖は一個の糖からなる単糖類

ショ糖は、ブドウ糖と果糖が結びついた二糖類です。
砂糖を含んだ食品を摂った後にすぐに血糖値が上昇し始めるのは、このシンプルな分子構造のためです。

シンプルがゆえに体内での分解吸収が短時間で行われ、すぐにエネルギーのもとつまり血糖値になります。



一方で、同じ糖質でも、穀類、イモ類、豆類などに多いデンプン質や果物に多く含まれるペクチンなどは、多数の単糖が複雑に結合した多糖類です。

そのために体内での分解吸収には時間がかかります。

また、成分によっては、小腸での糖の吸収を抑える働きをします。

間食のカロリーの目安

糖の吸収を抑える”さらしあ茶”


サラシアは糖分を吸収するのを防ぐ力があります。糖分の吸収を抑え、体脂肪への蓄積を防ぎます。ジュース、ペットボトル飲料の代わりに、さらしあ茶を食事前に飲んでください。糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぎます。

無料のサンプルです。電話等はしません。お気軽にどうぞ。
フリーダイヤル 0120-45-3048 9時から12時、13時から17時迄。月曜~金曜。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み