ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)とは | サラシア茶本舗

PA0
ヘモグロビンエーワンシー(hba1c)とは血液中のヘモグロビンがどれほど糖と結合しているかを示す検査値のことです。糖尿病を語るうえで欠かせないものと言えます。

糖尿病は、血糖値だけでそのコントロール状況は十分に把握できません。そこで、一定期間の血糖値の平均を示すような指標が必要になるので、その代表的なものとしてヘモグロビンエーワンシー(hba1c)が広く使われています。


まずヘモグロビン(以下Hb)についてお話ししましょう。 
Hbとは、赤血球内にある色素タンパク質の一種で、人間の体に欠かせない酸素をハイから取り入れ全身に運搬する重要な役割を担っている物です。

そして、ヘモグロビンa1cとはそのヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものを言います。

ヘモグロビンa1cを糖化ヘモグロビンもしくはグリコヘモグロビンともいいます。

これはブドウ糖が血液中に多ければ多いほどヘモグロビンにくっつき、増えることになります。

ヘモグロビンa1c検査は1~2ヶ月の血糖平均値を示す


まず、Hbはそれを含んでいる赤血球の寿命と関係があるのです。

赤血球の寿命は120日(4ヶ月)で、新陳代謝によって毎日少しずつ作られて全身を駆けめぐった後,肝臓や脾臓で少しずつ分解されます。

それなのに1~2ヶ月の平均値を示すのはどういう事でしょうか?

寿命が120日といってもできたての赤血球にはブドウ糖はくっつきにくくまた、3~4ヶ月前のものは圧倒的に赤血球を占める割合が少ないのです。

したがっておよそ寿命の半分である1~2ヶ月の平均血糖値を表すことになるのです。

ヘモグロビンa1cの正常値


参考にする数値は空腹時血糖値と食後血糖値の平均なのでしょうか。
平均血糖値といっても実は空腹時血糖値はHbA1cとあまり大きい影響はないことが分かってきました。

ヘモグロビンa1cに強い影響を与えるのは食後の血糖値です。
では、おおよその正常値は、4.3~5.8%未満とされています。
時々血糖値が高くなる人であれば 5.4-6.4%。糖尿病と判断されるのは6.5%以上 と考えられています。

ヘモグロビンa1cが上がると?

1~2ヶ月の長期に渡って血糖値が高いとなれば、合併症の危険がともなってきます。7%未満であれば、合併症はでにくいのですが、それ以上の数値が続くと合併症が出る可能性が非常に高くなります。

ヘモグロビンa1cは、1~2ヶ月の平均血糖値を出しますから、検査日の前日に食事を控えても、ごまかせません。 逆に普段の食事管理をしっかりしておけば、まれに食べすぎてしまった逐日であっても、ヘモグロビンa1cに大きな変化は出ないものです。

>HbA1cを1%下げるとどんな効果があるのかといえば、心臓病、脳卒中、神経障害、腎不全などの合併症のリスクを減らすことが出来ます。

網膜症が悪化する危険は40%心臓病発作の危険性は20%減ると言われています。

逆に1%上がると合併症のリスクは2倍になると考えていいでしょう。

ヘモグロビンa1cを下げるには


食後2時間の血糖値の数値は糖質によって大きく左右するので、ヘモグロビンa1cの値をうまくコントロールし、合併症を予防するには、糖質の『量』と、同じ糖質でも血糖の急上昇を防ぐ食品(GI指数が60以下の食品)の摂取が重要になってきます。

単に食事量を減らすとか、甘い物やアルコールを避けるとかの単純なことではなく、食事内容、食品、飲料、食べ方など、正しい知識を持って食事をすることが一番です。正しい食事を知れば、糖尿病であっても、楽しく満足のいく食生活が可能です。

我慢するのではなく、健康的な食事を目指すと考えましょう。

食事の次に重要なのは、体に取り入れた糖分を速やかに排出することです。身体を動かすと、血液中にある過剰なブドウ糖がエネルギーへとなって消費されます。
ブドウ糖が減ればヘモグロビンとの結びつきが少なくなり、結果ヘモグロビンa1cも減らすことができます。

運動は、毎位継続できる有酸素運動がお勧めです。有酸素運動とは、体を動かす際に酸素を体内に取り入れる運動で、ジョギング、ウォーキング、テニス、などが上げられます。逆に無酸素運動とは、ウエイトリフティング、腕相撲など瞬発的に力を使うものです。ヨガも呼吸法をあわせて行うため有酸素運動に入ります。

普段から食事に気を配るのは当然ですが、体力が落ちる、祝いの席なんどで断りにくい、今日は特別、などと、ワタシ達の回りにはいろいろな事情が渦巻いています。また、余計に食べてしまったので、その分余計に運動すればよいかといえば、モグロビンa1cはあくまでも、平均値を測るので1回くらいの多めの食事には反応しません。その日いちにちを無事過ごす努力をし、油断しないことが重要です。

現在主に検診などで行われる糖尿病検査は空腹時血糖検査です。

110mg/dlなら糖尿病予備軍(境界型)と診断されます。

しかし最近、空腹時血糖値が高くても食後血糖値が正常範囲なら合併症のリスクは正常者とあまり変わらないことが明らかになりました。

それとは逆に同じ予備軍でも空腹時血糖値が正常で食後2時間の血糖値が高い(140~199mg/dl)予備軍は、正常者に比べ、心筋梗塞や脳卒中など血管疾患による死亡率が高いことが報告されています。

原因はハッキリと解明されていませんが、専門家の間では、

1・食後の血糖値と同時に中性脂肪が高いという2つの特徴が相まって動脈硬化を進めます。
2・インシュリン不足という日本人型の糖尿病と、内臓脂肪などが原因でインシュリンの効きが悪く、筋肉や肝臓などでブドウ糖をうまく取り込めない、といった欧米型の糖尿病が複雑に絡んで疾患を起こしていると思われています。

したがって食後血糖値の急上昇を抑えるのは糖尿病患者さん達にとってとても大切なことと言えます。

合併症の予防のポイントは、糖尿病治療の基本--血糖コントロールと定期的な検査につきることを覚えておきましょう。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする