低血糖になった時どうするか | サラシア茶本舗

898472ef_s

糖尿病は、血液中にある糖を分解するインスリンの働きが弱くなって起きるので、常に血糖値の管理をしなくてはなりません。
治療としては、糖の分解を助ける工夫をすることになるので、それが体内でいきすぎるときに、低血糖がおこります。

つまり、血液中のブドウ糖が減りすぎてきまって、エネルギーの不足状態になる、ということです。そのため、体が動かなくなるのです。

低血糖の基準


低血糖とは血糖値が50 mg/dl未満に下がる状態を言います。低血糖になると、ほとんどの人が身体的、気分的に不快な症状を感じます。こういった症状は突然現れることもあります。

通常は簡単に治療できますが、放っておくと痙攣を起こしたり、昏睡に至る場合があるので、十分な対処が必要です。

低血糖を起こす原因


通常より運動を多く行った。
糖尿病の薬を飲みすぎた。
飲んでいる薬と食事時間が合わなかった。
食事や間食を抜いた、または量が足りなかった。
アルコールを飲んだ。

また、スルホニル尿素薬(SU薬)またはナテグリニドやインスリンを使用している人が、食事を抜いたり遅らせたりすると低血糖になる可能性があります。

こういった薬は血中のインスリンを増やす働きをするため、食事量が少なすぎると血糖値が下がりすぎることになります。

低血糖がおこっていても自覚症状がないこともあります。
軽くてもすぐに低血糖への対処が必要です。特に無自覚性の低血糖は、危険な状態です。すぐに対処が必要になります。

血糖値が50mg/dl未満であれば、治療を変更する場合もありますので、対処した後に医師に連絡するようにしましょう。

また、人によって低血糖の症状は違います。
自分の症状の特徴を知っておくことも必要です。
低血糖は"薬の副作用"ではなく"薬の効きすぎ"が原因

主な症状

ふらつく
冷や汗をかく
だるい、脱力感がある
異常な空腹感がある
動悸が速くなる
怒りっぽくなったり、頭が混乱する
目がかすんだり、頭痛がする

低血糖の治療

低血糖の場合はすぐに治療を始めなければなりません。
そのまま良くなるのを待っていても改善することはありません。
また、常に砂糖やブドウ糖やそれらを含む食物を備えておきましょう。
血糖が下がっていることを感じ、血糖値を測ってみて70 mg/dl以下であれば、すぐに次のうちのいずれかを摂取し、血糖をひきあげるようにしましょう。
このうち効果がもっとも早く現れるのはブドウ糖です。

ブドウ糖5-10 g

ブドウ糖を含む清涼飲料水(150-200ml)

はちみつや砂糖10-20g

血糖が下がっている感じがしても、すぐ血糖値を測れないときは、上にあげたなかのどれかをすぐ摂取してください。

重大な低血糖を起こすよりは、念のため余分に食べておいた方がいいでしょう。

15分間後に血糖をもう一度測って、数値を記録用紙に記入しておきましょう。低血糖があったことも書きましょう。

15分経っても体調が改善しない場合は、もう一度ブドウ糖などを摂取しましょう。

上記を試しても血糖値が低い場合は、医師に連絡しましょう。

次の食事まで1時間以上あれば、糖質の多い食品を口にした後、炭水化物とたんぱく質を含む食物(サンドイッチやチーズなど)を食べましょう。

間食をしても、いつもの時間に普通どおりに食事をとりましょう。


予防と日常の対策


②時間どおりに食事をとる。
③食事や間食を指示されている場合はきちんと守る。
④指示されたスケジュールどおりに血糖自己測定を行う。
⑤体がいつもとは違う感じがしたら、すぐに血糖自己測定を行い、測定値を記録用紙に記入する。

血糖が低下しているときの体の警告サインを知りましょう。
症状に気づいたら、血糖を測ってから糖をとりましょう。
あなたが糖尿病であることを知らせるものを常に携行しましょう。
家族、友人、職場の人に低血糖の症状と治療を知っていてもらいましょう。

9fab06dd_s

糖尿病になってしまうと一般の人と同じように食事をしたり、旅行に行ったりはなかなか難しくなります。
こんな時どうすればいいのか、いろいろ迷った時には間違った判断を下してしまうことも少なくありません。



糖尿病患者さんの場合、TPO(時、場所、場合)に応じた対処が必要ですね。


低血糖が起きた時

1.インスリン分泌量の不足

食事を抜いたり量が少なかったとき、急に激しい運動をしたとき、アルコールを飲み過ぎたとき、薬を多く飲み間違った時、食事前の入浴時など、低血糖になりやすいものです。
血糖値が50mg/dlまで下がると、手足の震え、冷や汗、体の火照り、動悸、不安感、吐き気、空腹感といった症例がよく見られます。

このような低血糖の症状を自覚した時は、・・・・・・・・

飲み薬やインスリン注射をしている人

砂糖を10~15g口にして、しばらく安静にして、回復しない場合は、さらに同量の砂糖を追加する

α-グルコシダーゼ阻害剤を服用している人

ブドウ糖摂取。清涼飲料水などを買って飲めばいいでしょう。

※低血糖を起こしにくくするためにも、規則正しい生活を心がけ、低血糖に慌てないようにしましょう。
そして一度でも低血糖を経験したらその症状を覚え、主治医に話し、対処法をしっかり理解し、同時に周囲の人にも説明しておくことが大切です。

81f67acd7_s

低血糖はブドウ糖の消費が急速に過ぎた時、血中へのブドウ糖の放出が消費量よりも少ない時、血中に過剰なインスリンが放出された時に起こります。

糖尿病患者の中でもインスリン注射を打っている人やSU剤を服用中の人は薬の効き津技に気をつけなければなりません。

αグルコシダーゼ阻害剤を服用中の人も他の糖尿病薬との併用によって低血糖が起こることもあります。

食事が摂れなかった時、朝食前の運動時、シックディ時は低血糖になりやすくなっています。
また、糖尿病の方は血糖を上げる拮抗ホルモンの分泌能力が低下していることもあって血糖値が上がりにくくなっています。

低血糖はアドレナリンというホルモンの分泌が原因

低血糖になると血糖値を上げようとアドレナリンというインスリン拮抗ホルモンを分泌します。

このホルモンによって震え、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、ぼんやりという症状が出てきて、さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)などが見られます。

低血糖になったら?

低血糖状態を感じたらすぐ、ブドウ糖10gまたは砂糖10~20g、糖質を含むジュースや清涼飲料(約200ml)を飲んで下さい。
飴やキャラメル、チョコレートは吸収が遅いのであまりお薦めは出来ません。

糖尿病患者が意識障害に陥ることもあるので、その時は家族や身近な人がグルカゴンの注射などを打たなくてはなりません。

※αグルコシダーゼ阻害剤(商品名/ベイスン、グルコバイ)など等の分解を遅延させる薬を、他の糖尿病薬と併用中の方が低血糖になった場合、砂糖ではなくブドウ糖を摂取しなければなりません。ブドウ糖はスポーツドリンクや「コーラ」、「ポカリスエット」などに添加されているので一度確認してみて下さい。

低血糖の予防


1・薬の用法、用量を守ること
2・朝食前の運動は避けましょう
3・食事時間が遅れる時は補食をします
4・インスリン注射の量を勝手に増やさない
5・飴やキャンディを常時持ち歩きましょう
6・薬物療法を行っている方は、家族や職場、身近な人に低血糖になった時の対応を頼んでおきましょう

低血糖は危険です。『おや?』と思ったらすぐにブドウ糖を摂りましょう。

規則正しい生活を日々心がけると共に、低血糖に対する正しい知識を身につければ低血糖もそれほど怖いものではありません。

低血糖を恐れて高血糖状態を放置しておくと合併症が進むことがあります。
低血糖を恐れず、血糖コントロールをすることを心がけましょう。

自己診断は避けて早めに診察を受ける・・・

高齢者(65歳以上)では、病状が急速に進行しやすく、非ケトン性高浸透圧性昏睡を起こすことがよくあるので、早めに受診しましょう。

食事や水分、電解質をできるだけたくさん摂りましょう・・・

シックデイ時には、食欲が落ち、食べられなくなることが多いものです。

摂取カロリー分の食事、水分、電解質(塩分やカリウムなど)を、できるだけとるように努力してください。

血糖や熱が少々高くても、飲食できる間は、病状は悪化しにくいものです。

※糖尿病があると、ちょっとした変化にも柔軟に対応できる余力が、糖尿病がない人より少なくなることを忘れないようにしたいものです。


糖尿病以外の病気にかかったとき(シックデイ)

患者さんが日常的にかかりやすいシックデイとして、風邪、インフルエンザなどの感染症や、胃炎、下痢などの消化器系の病気をあげることができます。
私たちの体にとって病気は大きなストレスになります。
ストレスで増加するいろいろなホルモンは血糖を上昇させ、血糖を下げる唯一のホルモンであるインシュリンの分泌や働きも一時的に抑えるので、インシュリンが慢性的に不足状態にある糖尿病の患者さんの体内では、インシュリンの作用不足が一層進んで、血糖が上昇します。

また、食事がとれなくなったり、発熱や下痢が続くと、脱水になって血液が濃縮されるので、これも血糖を上げることになります。

対処法(シックデイ・ルール)

温かくして安静にする・・・

感染症にかかった時は、こうすることで体力の消耗が防げるだけでなく、抵抗力も高まるので、感染症の悪化が抑えられます。


海外旅行する時 ~海外旅行で注意すること~

1.糖尿病であることを示すカード、書類などを持参する。

2.時差にともなうインスリン注射、食事のスケジュールについて、医師に相談しておく。

3.航空会社に糖尿病食の希望を伝える。(時間もリクエストする)

4.インスリン、注射器、糖質、軽食などは、手荷物に預けない。

5.長時間のフライトの場合は、機内でも歩いたり、軽い体操をしたりする。

6.せっかくの海外旅行なのだから、現地の食事は楽しんでかまわない。ただし食品交換表を活用し、カロリー数や油、砂糖、食塩の量、野菜不足に注意する。

7.靴ずれに注意(神経障害が出ている場合は特に注意が必要)



市販薬など薬の併用時

風邪を引いて高熱を出したようなときは、血流が亢進しているので薬が効きやすい状態になり、また逆にインスリン抵抗性が高くなるという二面性がありますが、通常の風邪薬や下痢止めなどの市販薬と組み合わせる場合は、まず心配ありません。

しかし、鎮痛剤の一部で、血糖降下剤の作用を増強するものもありますので、注意が必要です。

また合併症の治療などで複数の医師にかかる場合には、それぞれの医師に服用中の薬を知らせる必要があります。

ただ、ステロイド剤、降圧利尿剤として使われるザイアザイド、降圧薬、抗不整脈薬として用いられるβブロッカーなどは糖尿病を悪化させる薬剤ですので、医師による指導が必要です。



■食後の血糖値を抑えるサラシア茶

❐サンプルから始めるなら・・

サラシア茶サンプル請求

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする