血糖の上昇を抑えるサラシア茶 | 薬用ハーブを用いた予防医学は世界から注目されている

サラシアとは、スリランカやインド、ブラジルなどの熱帯地域に広く自生する、つる性の植物です。これまで世界で120種類以上が見つかっています。

サラシア茶は古くから、血糖値の上昇を制御したり、免疫機能を高める効果があるとして、人々の間で健康茶として、知られてきました。

saiasia3-1

注目を集めているサラシア茶


血糖値の上昇を抑える効果があり、糖尿病対策に非常に効果的と考えられています。

サラシア茶は血糖値コントロールだけでなく、腸内環境を良くしたり、免疫力アップにも役立つ素晴らしいお茶です。

糖尿病やダイエットに役立つサラシア茶の作用についてご紹介します。

『アーユルヴェーダ』で用いられているサラシア

アーユルヴェーダという言葉、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

アーユルヴェーダとはインド・スリランカの伝承医学で、自然との調和のもと、心身ともに健康な状態に導く伝統医学です。

心身の健康を促すヨガやデトックス、ヒーリングなどが若い女性の間で人気を集めており、アーユルヴェーダはそのうちのひとつです。

日本でのアーユルヴェーダは、サロンでのトリートメントが中心となって普及していますが、薬用ハーブを用いた予防医学は世界から注目されています。

サラシアと血糖値


サラシアはスリランカに生息する薬木で、太古の昔から健康維持のためサラシア茶として飲まれています。

サラシアの効果について様々な研究実験が行われ、血糖値をコントロールする働きは科学的に証明されています。

糖尿病は、食後の血糖値が急激に上昇し、高血糖状態が長く続く病気です。

糖尿病治療とは、血糖をコントロールすることに他なりません。

そのため毎日の食事制限が必要となりますが、これまでの生活習慣を改善するのはなかなか難しいのが実際です。

食べてはいけないという制限は守るのが難しいのですが、血糖値の上昇を抑えてくれるサラシア茶を毎日の食事前にプラスするのは比較的容易なことです。

ストレスなく生活習慣に取り入れやすいということも、サラシア茶の魅力。

サラシアの産地はインドやスリランカ、中国南部などで、古くから薬として利用されてきたツル科の植物です。

このサラシアには、サラシノール(別名ダスデス)とコタラノールという成分があり、食事で摂った糖質の吸収をおだやかにシてくれます。

糖質を分解する酵素(α-グルコシダーゼ)の働きを阻害して、食後血糖値の上昇を抑えます。


なぜ、血糖値は急上昇するのかと言えば、食べた物を早く吸収しようとするので、糖をどんどん分解して、インスリンがガンガン働き出すからです。

だから、糖を吸収させなければいい、そのためには、分解させなければいいということになるので、サラシアやコタラノールという成分を使って、分解しにくくすれば、糖はそのまま吸収されずに済む、という訳です。

サラシアという成分は、薬のように血糖値だけを下げる、という物ではなく、体に取り込んだ糖質を吸収しにくくさせる働きをします。


こうした働きを良く理解して、日頃の食生活の配慮も忘れずにするようにしてください。

糖質の吸収を抑える効果があるので、サラシア茶は食前に飲むのが一番効果的といえます。

ただし、薬ではなく、サッパリしたハーブティーでもあります。食前に義務のように飲用するのではなく、日常使いの健康茶として、食事の時だけではく、いつでも気の向くままお飲みいだたくことお勧めしています。

何ごとにも、「やらねばならない」という意識は長続きしません。

体脂肪の分解を促進するサラシアの効果


サラシアには血糖値をコントロールするだけでなく、糖の吸収を抑え体脂肪の分解を促進する効果も認められています。

体内で脂肪の生成が減れば、蓄積された脂肪が分解されていきますので、長い利用は、それだけ効果もアップされます。


肥満・メタボの方や、ダイエットしたい方にもおすすめのお茶です。

また、免疫力を高める効果も実証されており、どんな方にも健康に役立つお茶として認知されつつあります。

サラシア茶は糖尿病患者さんだけでなく、ご家族みんなで飲める健康茶といえます。

便秘ぎみの方にも、サラシアは、腸内環境を整える作用をします。
善玉菌を増やし、お腹の動きを活発にします。

糖尿の体調コントロールは、血糖値だけに限ったことではなく、食物を食べて、分解、吸収、そして排泄まで、どこも健康にスムーズに処理していくことが、基本になります。