サラシア茶~ご愛用者の声~

■宿便の感じがなくなり体重も3ヶ月で3キロ減

北海道に住む谷畠則雄さん(55歳・薬局経営)は、昨年の11月からサラシア茶を飲みはじめました。

「3年前に血糖値を調べたことがあるのですが、そのときは157ミリグラムで、それ以後、検査はしていませんでした。

ところが、昨年の秋ロからのどの渇きや、全身にかゆみが出てきたので、糖尿病が気になりだしました。
そこで、病院で検査をしたら、血糖値が177ミリグラムまで上がっていることがわかりました」
谷畠さんは、医師から食事制限をしてやせるようにいわれましたが、食事制限をするのはめんどうなので、さらしあ茶を試してみることにしました。
谷畠さんは、1リットルの水が沸騰したところにサラシア茶を一袋入れて煮出し、それをコッブに一杯ずつ、一日に2~3回飲みはじめました。
「飲みはじめて数日たったころかおなかがゴロゴロしてきて、ガスがしきりに出るようになりました。
そして徐々に便の出がよくなっただけでなく、トイレへ行く回数もだんだんふえていきました」
谷畠さんは、それまではのどが渇くので、毎日水をかなり飲んでいました。
そのため、頻尿ぎみで便も軟らかかったのですが、いま一つ排便したときのスッキリ感が得られなかったそうです。
ところが、さらしあ茶を飲みはじめて1カ月後には、おなかがスッキリとして、腸の中には何一つ残っていない、いわば宿便がなくなった感じがしたといいます。
「それに伴って、水を飲む回数が減ったので頻尿も治まり、便もちようどいい硬さになりました。
全身のかゆみも、二週間ぐらいで消えていたようです」
サラシア茶の効果を実感した谷畠さんは、多忙な仕事の合間を縫って3カ月後、好結果を期待しながら病院で検査を受けました。すると、血糖値が、150 ミリグラム台まで下がっていたのです。
さらに、それまで75キロあった体重(身長165センチ)が、3キロも減っていたのです。
谷畠さんの場合、おなかがゴロゴロしたり、ガスが出たりするのは1カ月ほどでなくなったそうです。
ただし、たまに便が硬くなったときは、床に入って休む前に水をコッブ1杯飲んで寝ると、翌朝には順調に便が出るそうです。そして、血糖値がもう少し低くなるように、これからもさらしあ茶を飲みつづけていくということでした。

(お客様の感想であり、商品の効果効能を保証するものではありません。)


■さまざまなダイエットをしても減らない体重

いままで、涙ぐましい努力をしてもやせなかった重度の肥満が、ポンコランチという木の根を乾燥して作られたさらしあ茶を飲んだら解消し、別人のようにスマートになった人がいます。岐阜県に住む浅井房子さん(54歳・主婦)です。浅井さんは、子どものころからコロコロと小太りでした。
両規ともふくよかな体形で、どうやらその素質を受け継いだらしく、
20代の初めは、53キロ前後の体重(身長148.5センチでしたが、結婚して子どもを生むごとにどんどんと体重が増えていき、30代半ばにはなんと88キロに達していました。それでも、子どもに手がかかる間は、自分の体重を減らす努力をする余裕がなかったといいます。
浅井さんがダイエットをようやく始める気になったのは、 40代半ばのこと。
中年と呼ばれる年齢にさしかかり、肥満が原因で起こる生活習慣病が心配になってきたからです。
そこで、1日1食に食事を制限する方法やふろ場で皮下脂肪をもみ出すマッサージ、野莱や豆など数品目だけ食べる方法などを次々と試しました。
しかし、食事制限は体力の低下を招き、マッサージはめんどうになって、どれも長つづきがしませんでした。

「エステテイックサロン(全身美容サロン)に、毎日通ったこともあります。
器械をおなかや足に当てて皮下脂肪をもみ出すのが中心で、ほかに鉄棒にぶら下がる体操も行いました。
このときは2~3カ月で28キロもやせて、60キロになりました。
しかし、エステティックサロンは費用が高くて、通うのをやめたらあれよあれよという間に体重が増え、1カ月足らずで88キロに逆戻りしました。
このときは、歩くのさえ大変という状態でした」

浅井さんが50歳になったころ、のどが渇いて水が異常に欲しくなりました。
不審に思い病院で検査を受けたところ、空腹時の血糖値が290ミリグラム(標準値は70~110ミリグラム)もあり、糖尿病と診断されました。
そして血糖降下剤を飲むとともに、運動や減食をして体重を減らすように医師から指導されたのです。
しかし、歩くこともままならず、家の階投の昇り降りさえつらい状況では、どんな運助をしたらいいか見当がつかず、運動は一切やりませんでした。
そこで、もう一口食べたい気持ちをがまんして食事の量を減らし、甘いものを極力控えるようにしました。
その結果、2年間で体重が3キロ減って85キロになり、血糖値も少し下がりました。
しかし、目標の60キロ台にはまだまだはど遠いため、浅井さんはもっとよくやせる減量法はないかと探していたのす。

浅井さんがさらしあ茶を知ったのは、乎成10年9月のことです。
近所に住んでいる太った女性(現在48歳)が、雑誌に紹介されたさらしあ茶を試しているというのです。浅井さんは、彼女と二人で励まし合えば挫折しないでダイエットを続けることができるだろうと考えました。そこで、いろいろアドバイスを受け、ティーバッグタイプのサラシア茶を入手し、次のようにして飲みはじめました。
まず2日に1回、さらしあ茶を作ります。3パックと水70~800ミリリットルをやかんに入れ、10分はど煮出して、火を止めてそのまま冷ましておきます。これを二日かけて、のどが渇いたときに適当に飲むのです。ときには電子レンジで温め直して、お茶漬けにも使いました。また、寒い日は温めたものを飲むようにしました。

「私はもともと便通がいいほうですが、さらしあ茶を飲んだら排便が1日2~3回に増えました。
といっても軟便ではなく、しっかりした形のいい便がどんどん出るのです。おなかの中がいつもさっばりしているので、今度こそやせられそうな予感がしました」

その予感が的中し、体重がぐんぐん減りだして、2カ月で70キロになりました。
洋服がブカブカになり、17号や15号(どちらもLLサイズ)の既製服が入るようになりました。
ところが喜んだのもつかの間、ここで体重の減り方がピタリと止まり、さらしあ茶を飲みつづけているにもかかわらず、70キロから全然減らない日が半年以上も続いたのです。
一方では、のどの渇きが解消して体調がいいため、病院の薬を飲み忘れることが多くなつてきました。

「これ以上の減量効果は期待できないのだろうかと思い、さらしあ茶仲間の女性に相談したら、『しばらく2人でがんばってみようよ』と励まされました。
彼女がいなければ、私の減量作戦はそこで挫折していたに違いありません」

浅井さんは、気を取り直してさらしあ茶を飲みつづけました。すると、再び体重が減りだし、1カ月半で6キロもやせて、64キロになりました。
特に、ほおとあごのあたりがやせて顔の輪郭がシヤーブになったため、久しぶりに会った人たちは一様に「まるで別人のようで見間違えた」と驚きの表情を見せたといいます。
ウエストもさらに細くなり、13号や11号(どちらもLサイズ)の既製服が着られるようになりました。
また、薬の飲み忘れが統いたにもかかわらず血糖値が下がり、158ミリグラムという検査結果が出ました。

「結局、さらしあ茶を飲みはじめて1年足らずで21キロもやせた計算になります。
いまでは体が軽くて、洗濯物の出し入れや掃除などで2階へ何回もトントンと上がって行けるし、歩き方も速くなりました。
その後、体重が64キロで安定していますが、50キロ台まで減らしたいので、あせらずにさらしあ茶を飲みつづけていきます」

ちなみに、浅井さんに先駆けてサラシア茶を飲んだ女性も、70キロあった体重が2年間で50キロまで減り、見た目がとてもお若々しくなったそうです。

(お客様の感想であり、商品の効果効能を保証するものではありません。)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする