さらしあ茶の糖尿病闘病記 | 腕にできた湿疹、何気なく皮膚科を受診したら

syringe-417786_640

「糖尿病」という病は本当に恐ろしいものです


病気自体の恐ろしさ、それに加えて本人、家族の「心」までを蝕むものです。
今、私達夫婦と同じように、たくさんの人達が苦しんでいることと思います。

そのような人達に少しでもお力になれれば…と思い、私達夫婦の「体験」を書きました。

私は作家ではありません。だから気の利いた文章を書くことも出来ません。

ただ、つたない言葉でも、「私達の体験」をお伝えすることで、少しでも同じ悩みを持つ人達に「希望」を持っていただくことが出来たら…と思い、一生懸命に書きました。

これは私と夫、二人三脚の糖尿病闘病記です。

糖尿病、苦難と克服、そして希望

若い頃から体格の良かった私の主人は、ある日突然、「糖尿病です」と言われました。
医者からそう告げられた時、私は自分の耳を疑いました。とても信じられませんでした。

これから先のことを考えると、頭の中が真っ白になり、地獄の底へつき落とされた気持ちになりました。なぜなら、看護士経験の長い私は毎日の患者さんとの生活を通じて、糖尿病の恐ろしさを嫌と言うほど知っているのですから。

それは今から十八年前、夫がかねてより念願の「うどん屋」を開業したばかりの頃のことです。
ある日、主人は腕にできた小さな湿疹が気になり、何気なく皮膚科を受診したのです。
医者に薬を処方してもらい、しばらく治療しましたが、湿疹は一向に良くなりませんでした。

「この程度の湿疹がこの薬で治らないのはおかしい。もしかしたら……」

医者はそう考えたようです。

念のためにと血液検査をしたところ、血糖値がなんと350もありました。

夫は医者から「今からすぐに内科を受診するように」と勧められました。

まさか自分の夫が糖尿病になるなんて…とても信じられませんでした。

いや、信じたくはありませんでした。

でも、振り返るといくつか思い当たる節はありました。

何しろ当時の夫の生活は、朝食はもちろん、昼食さえも食べる暇がなく、夜になって落ち着くと三~五合のお酒を飲みながら、一日分の食事を一度に食べていました。それでは身体にいいわけがありません。

その頃の私達は、夢だったうどん店の開業に向けて早朝から夜遅くまで働き続け、その上スタートしたばかりの店の経営も不安定で、将来を考えると一体どうなるのかと、ストレスに潰されそうな毎日を送っていたのです。
当時を思い返すと、主人は喉の渇きを覚えて水をよく飲んでいましたし、トイレも近く、夜中に何度も起き出しトイレに行っていました。
夫は自分の夢と引き換えに、正真正銘の本物の糖尿病患者になってしまいました。

ある日私は思いきって「夫の糖尿病は治りますか?」と医者に聞きました。医者の答えはそっけなく、「治りません」。

その上、「あなたの質問は、血液型はA型からB型になりますか?と同じですよ。糖尿病は完治しません。」

そう突き放されました。

その返答に私はガックリと肩を落としました。

つくづく夫がやっかいな病気になってしまったことを悔みました。

そしてそれまでの毎日の暮らし振りを後悔すると同時に、看護士であった私が傍に居ながら、夫がこのような病気になったことで、わたし自身も自分に自信がなくなりました。

何故なら、私は長い看護士の経験から「もう、これまでの生活に二度と戻れないんだ」と悟ったからでした。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする