シックデイ | 体調不良、急な変化に対応できるルール

通常は血糖コントロールがうまくいっていても、シックデイ(Sick day)の危険を知っておく必要があります。

1.シックデイ(Sick day)とは


いつもなら普段に血糖コントロールが出来ていても、熱が出たり、風邪を引いたり、また何かの感染症にかかったりして、血糖値が乱れることがあります。

単に食事が充分でなく低血糖になった、食べすぎて高血糖になった、という状態ではなく、体調不良でストレスがかかると、ストレスホルモンの上昇で食事をしていなくても高血糖になってしまう場合があります。こうした状態をシックデイといいます。

シックデイ  |  体調不良、急な変化に対応できるルール
シックデイでは、血糖コントロールの乱れを最小限にしなければなりません。そのためにシックデイの自己管理が、とても大切になります。

シックデイの自己管理


シックデイと感じたら、まず温かくして、安静にすることが重要です。
体力の消耗を防ぎ、抵抗力が低下するのを抑えます。

食事


食事はお粥やおじやなど食べやすい形にして糖質を補います。食欲が落ちている場合でも、1回の食事量を少しにして、回数を増やして対処します。

水分補給


水分は1日に1リットル~1.5リットルを目安としてとるようにします。

トイレの回数が減ったり、尿の色が濃くなったら脱水状態になっていますので、水分を多めに摂るようにします。水ばかりではなく、温かいスープやスポーツドリンクなどで補うと良いでしょう。
               

内服薬とインスリン


経口の薬の場合、食事が食べられないときは、内服を控えます。

インスリンの投与は、食事ができないからと自己判断で中止しないようにします。

インスリンは食事が取れなくても必要になってきますので、血糖値をみて注射量をコントロールすることになります。

血糖が150〜200mg/dlであれば、2単位追加。

血糖が200mg/dl以上であれば、4単位追加します。

血糖が100mg/dl以下では、2単位ずつ減量します。

シックデイの時には、大きなストレスが身体にかかってきます。そのストレスに対抗するために分泌されるホルモンは、血糖値を上昇させてインスリンの働きを弱めてしまいます。

また、脱水などがあると、血液が濃縮してなおさら血糖値が上がってしまいます。

このような状態でインスリンの投与を止めてしまうと、血糖値はさらに上昇して症状を悪化させてしまいます。ですから、絶対にインスリン注射を止めてはいけません。

インスリン療法を行っている方のシックデイでは、「ケトアシドーシス」が起こりやすくなります。

ケトアシドーシスとは、インスリン不足からブドウ糖が分解されずに、高血糖が起こり体内でケトン体が増殖してしまう症状です。

詳しくは1型糖尿病とケトアシドーシスをご覧ください。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み


状態、病状のチェック


発熱が収まらない、下痢・嘔吐が止まらない、悪化していく、血糖値が持続的に300〜350mg/dlを越えるなどの場合は、迷わず受診するようにします。

シックデイでは急速に症状が悪化して昏睡に陥ることもあります。

高血糖高浸透圧症候群


脱水状態では血液が濃縮されるので血糖値がより高くなります。

このような悪循環の結果、高血糖状態と脱水状態が合わさって続く状況を「高血糖高浸透圧症候群」といいます。

これは全身の血流が悪くなり、結果としてさまざまな臓器の働きが低下し、緊急治療が必要になってくる状態です。

さらに、高齢者では体内の水分量が少ないため、わずかの変化で脱水状態に陥りやすくなります。また、高齢になると喉の渇きをあまり感じなくなりますので、意識して水分を補給しましょう。

シックデイは、低血糖のように、たまに起きるようなものではなく、体調不良によりいつ起こるかわからないものです。特にひとり暮らしの方や、サポートしてくれる人がいない場合など、普段から緊急時に備えて準備しておく必要があります。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする