歯を失う原因の80%以上は歯周病が原因?!



歯周病患者は、推定330万人?

推定患者数330万人という恐ろしい病気。それは歯周病です。

一般的に歯槽(しそう)膿漏(のうろう)と呼ばれていますが、これは歯を支えている歯肉・歯根膜・歯槽骨などが炎症によっておかされる病気です。

歯はどのように抜け落ちるのか

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間にたまった食べ物のかすをそのままにしておくと、そこで細菌が繁殖し、歯垢(プラーク)ができます。

歯垢は、毎日の歯磨きで取り除くことができますが、歯磨きをしなかったり、磨き方が十分でないと、唾液中のカルシウムやリン酸と結合して歯石になります。

歯垢や歯石ができると、細菌が活発に繁殖するようになり、歯肉や歯根膜などに炎症を起こします。

この炎症が悪化して広がると、しだいに歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらしてきて、ついには抜け落ちてしまうのです。

25歳を過ぎる頃から、歯肉に炎症が起こりやすくなり、40歳代になると歯周病の罹患率が急上昇するので注意しましょう。


歯周病と糖尿病の関係
 
糖尿病と歯周病の意外な関係(歯周病が治ると糖尿病も改善?)

歯周病と糖尿病との間には相互関係があります。

糖尿病の患者さんは、健康な人よりも歯周病に罹りやすいことは以前から知られています。

ところが、最近の研究からこの関係が一方的でないことが分かってきました。

虫歯や歯周病のある状態では、インスリンに対する体の反応が悪くなり血糖値が高くなりやすくなります。

つまり歯周病など細菌感染した状態が続くと糖尿病になりやすくなる可能性があります。

したがって歯周病が改善すると血糖コントロールもよくなるということです。

歯周病と糖尿病はお互いがそれぞれの病気のリスクファクター(危険因子)であるといえるでしょう。


■食後の血糖値を抑えるサラシア茶 商品コース 商品ページ 無料サンプル

シェアする

フォローする