高血糖とインスリン治療 |さらしあ本舗

インスリンとは、膵臓から分泌されるホルモンの一種です。
健康な人は、常に血液中に少量のインスリンが分泌されています。

インスリンの働き


食事をして血糖の量が増えると、膵臓はインスリンを大量に分泌します。血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたりして、食後に増加した血糖は速やかに処理され一定量に保たれるのです。

糖尿病は、インスリンの働きが弱ったり、分泌されなくなって増加した血糖が処理しきれず、血液中に流出してしまい、高血糖の状態になる病気です。

img05-01-01
高血糖をそのまま放っておくと、残されたインスリン分泌能力が低下して、細胞に対するインスリンの作用も衰えます。

その状態が原因となって、高血糖はさらに促進されます。

高血糖はご存じの通り、網膜症、腎障害、最悪の場合は心筋梗塞や動脈硬化など恐ろしい合併症を引き起こす原因となるのです。

食後の高血糖を抑えて、膵臓を休養させ、残されたインスリン分泌能力を回復させるためにインスリン治療は行われます。

・Ⅰ型糖尿病患者(インスリン依存型)


インスリン分泌がまったくないか、あるいはごくわずかしかないため、インスリンを注射しなくては生命を維持することができない患者

自分の体内でインスリンが分泌されないので、人工的に外から補充してやらなければなりません。

・Ⅱ型糖尿病患者(インスリン非依存型)


インスリンの分泌量が不足していたり、インスリンを円滑に利用できない (インスリン抵抗性がある)タイプの患者をⅡ型糖尿病と呼びます。

Ⅱ型糖尿病患者で食事・運動・薬物療法をしても十分な効果があらわれない場合、インスリン注射をします。

一般的なⅡ型糖尿病で絶対にインスリン注射を永続しなければいけないというのは、膵機能の低下が著しく、経口剤療法(もちろん食事療法と運動療法も)ではどうしても血糖コントロールができなくなった場合が一般的です。

インスリン療法は決して最後の手段ではなく、適切なインスリン療法を行うことで血糖コントロールが良好になり、結果インスリン注射が必要なくなることもあるのです。

インスリンを注射するインスリン療法は、『一度始めると一生やめることができない』『『血糖値コントロールの最後の手段』と思われていたり、『自分で注射するのが怖い』といった理由でインスリン療法を拒む患者さんも少なくありません。

上手に糖尿病と付き合っていくためには、やみくもに怖がるのではなく、まずインスリン療法を正しく理解することから始めましょう。

糖尿病治療の流れ


通常、血中にブドウ糖が増えると、膵臓から分泌されるインスリンの働きにより、糖はエネルギーとして筋肉などに送り込まれ、血中ブドウ糖は一定量を保たれます。

しかし、インスリンの分泌量が少なかったり、働きが悪いなどで血中のブドウ糖量が増えすぎた状態が長く続くと、糖尿病となります。

糖尿病治療の基本は、高血糖の状態をつくらないよう血糖をコントロールすることです。
できるだけ食生活の見直しや運動不足の改善など『食事療法』『運動療法』による血糖コントロールを行いますが、食事療法や運動療法では良好な血糖コントロールが出来ない場合には、食事療法や運動療法ととも薬物療法が必要となります。

薬物療法には、主に飲み薬(経口薬療法)とインスリン注射があります。

6ab764_s

「インスリン注射」となると、悲観的になる患者さんが多いものです。

「飲み薬では治らないか」と医者に言ったり、おまけに周りから「いったん打ちはじめたら止められない」などと聞くともう「絶対打ちたくない!」となるのがあたりまえです。

いいえ、そうではありません。

インスリンが不足していて適切な食事と運動でも血糖値が上昇してくる人には、インスリンを使った方がいいのです。

それは、すい臓を休ませることによって、ある程度機能の復活が期待できるからです。

逆にインスリン不足だとすい臓がインスリンを出す力も弱り、悪循環になります。

糖尿病の飲み薬がいろいろ出ていますが、どれも副作用が少なからずあり、安全とはいえません。

食事・運動療法をしていてもなおかつ血糖値が上昇してくる場合には、迷わず少量からでもインスリンを使用することをお勧めします。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み


【糖尿病の理想的な治療】


 1・健康的で明るいイメージで糖尿病にとり組みましょう。

 2・ストレスは、できるだけためないようにしましょう。

 3・自分自身に必要な各栄養素を過不足なく、毎食、楽しく食べましょう。

 4・運動の習慣を身につけましょう。

(※人によっては、運動が病状を悪化させるため、医師の指導を受けることをおすすめします。)

 5・血糖自己測定を生活にとりいれ、厳格な血糖コントロールを目指しましょう。

 6・合併症を防ぐためにも定期的な検査を怠らないようにしましょう。

 7・長期の根気良い治療が大切です。


※上記の項目をひとつでも多く実現できるか否かが、今後の糖尿病治療に大きく影響を与えることでしょう。

糖尿病は、今は症状がほとんどなくても、5年後、10年後あるいはもっと後で、今行っている治療方法の影響が出てきます。

糖尿病であっても努力次第で健康な人と全く同じ生活が送れるものだということを忘れないようにして下さい。


従来は飲み薬の効果が得られにくくなってから、インスリン注射を行うことが多かったのですが、現在は様々な治療方法が取り入れられています。


インスリン療法のタイミング


今までは、『食事療法、運動療法』→『飲み薬』→『インスリン療法』という考え方でした。

まだまだ、インスリン療法は最終手段、というような認識が残っていますが、最近では最新の研究結果により早期の段階でインスリン療法を取り入れることが多くなっています。

糖毒性を改善するためのインスリン療法


飲み薬を長く続けていると、薬の効果があらわれにくくなる場合があります。

高血糖の状態が続くとインスリン分泌の低下、インスリン作用の不足を引き起こし、さらに糖尿病が悪化するという悪循環を引き起こします。

これを糖毒性といい、この悪循環を改善するためにインスリン療法はとても効果的です。インスリン注射により高血糖状態から解除し、状態が落ち着いて来れば、また飲み薬と食事・運動療法に切り替えるということも可能です。

この場合、重要なのは導入時期です。

やはり自分で注射をすることには抵抗があり、インスリン療法が遅れがちになります。
すると、糖毒性はさらに悪循環を続け、急激に糖尿病が進行する危険があるのです。

主治医としっかり話し合い、インスリン療法のメリットに耳を傾けることが必要です。

合併症の予防にも有効な強化インスリン療法


強化インスリン療法とは、健康な人のインスリン分泌パターンを模倣し、理想的な血糖コントロールを目指す方法です。

厳密な血糖値管理のもと、1日に3~4回のインスリン注射を行うことで、高血糖状態を最小限に抑え、糖尿病の悪化を防ぎます。

この療法により合併症のリスクは軽減されますが、血糖測定を頻繁に行わなくてはならず、また低血糖になりやすいというリスクもありますので、できれば専門医の指導のもと、導入するのが望ましいと言えます。

インスリン注射による治療は、糖尿病の進行が進み、深刻な状態になってから行われると思われているようですが、決してそのようなことではありません。

インスリン療法の目的


糖尿病治療は血糖値をコントロールすることにあります。基本的には食事療法・運動療法・薬物療法の3つの方法で血糖値を正常な値に保つよう治療していきますが、飲み薬での効果がみられないときや、妊娠してる場合などはインスリン療法で治療を行います。

最近では、疲れた膵臓を休ませることを目的として、インスリン療法を取り入れることもあります。

インスリン療法は不足しているインスリンを注射で補う治療法です。インスリン治療を行う判断基準は、病気の進行具合や病気の重さによるものではありません。

また、インスリン注射を始めるとやめられなくなるというようなこともありません。

誤った知識に惑わされずに、糖尿病と正しく向き合うことが大切です。

インスリン製剤の種類


インスリン製剤は持続時間や作用発現時間によって

・超即効型
・即効型
・中間型
・混合型
・持効型

上記の5つに分類され、患者さんのインスリン分泌の状態に合わせた製剤が使用されます。

最近登場した超即効型は、注射後10~20分程度で作用が現れるため、食事の時間が不規則な人でも食事前に注射することができ、便利になりました。

インスリン注射と低血糖


インスリン注射で気をつけなくてはいけないのは低血糖です。低血糖とは高血糖と逆で、血糖値が正常値よりも低い状態のことをいいます。

不足分のインスリンを補うための注射ですが、量が多すぎたり、時間を間違えたり、食事の量が少なすぎるなどの理由から、インスリンが効きすぎてしまうのです。

血糖値は下がれば下がるほど良いというものではなく、正常値の範囲内であることが大切です。

低血糖を起こすと、めまいや手の震え、冷や汗、動悸、頭痛などの症状が現れます。

これは、脳に栄養が行き届かないために起こるもので、ひどい場合には昏睡状態に陥ることもあるのです。

インスリン療法による低血糖を、完全に防ぐことは難しいですが、低血糖が起きた時の回復手段として低血糖用のブドウ糖タブレットなどを常備しておくことで容易に回復するため、必要以上に怖がらずにしっかりと治療に取り組みましょう。

インスリン注射は痛い、面倒と思われていますが、医療の発達により、痛みもなく簡単に注射できる注射器が沢山あります。

インスリン療法で効果的な血糖値コントロールができると医師に診断されたら、インスリン注射を正しく使用し、積極的に治療に取り組むことが大切です。

進化するインスリン注射器


注射器は痛い、怖いというイメージが強く、インスリン療法を積極的に取り入れる患者さんは多くありません。

しかし、インスリン注射器は目覚ましい進化を遂げています。

病院でみる注射器とは全く異なる『ペン型』のものや、4mm針という極細の針先、また、カット面を3面から5面にすることで、刺した時の痛みを軽減させたものなど、安全で使いやすい注射器が開発されています。

実際に一度使ってみれば、思っているほど痛くも面倒でもないことが実感できるはず。
インスリン療法の必要性をしっかりと理解し、最善の血糖コントロールを選びたいですね。

さらしあ茶の無料サンプルのお申し込み