さらしあのすごいところ

天然植物さらしあの良いところ

それにしても、どうしてコレステロール値や中性脂肪値が下がったのでしょうか。

それには原因があり、それに起因する結果がありました。

私はどうしても、この結果につながった理由が知りたくて、いろんな東洋医学の先生にお話を聞き、様々な本を読みました。
それで、私なりに分かったことが以下の内容です。

少し難しい話になりますが、サラシアには、「アルファーグリコシターゼ阻害作用」があります。

糖尿病の人は医者から食事制限を勧められているはずですが、サラシアは食物の糖分を吸収しにくくすることで、食事量を減らしたことと同じ効果を生むのです。

夫のように食事療法の一環として、必要カロリーぎりぎりの食事を摂っている人間が、サラシアを飲むことで糖分の吸収を抑制するとカロリー不足になります。

その不足分を身体の脂肪からエネルギー源として使うため、おのずと体重は減少し、糖分の吸収を抑えこむことで、血糖値の上昇抑制にもつながった、ということです。(※詳しくは後述)

血液検査の結果に気をよくした夫は、更にサラシアを三カ月ほど飲み続けた頃、足先の冷えがなくなりました。

夜間の就寝時、ふとんに入って足先の暖かさに大きな喜びを感じたそうです。

ある程度進んでいた合併症が、改善できたわけですから、嬉しさもひとしおです。

通常は冷えから痺れに進み、次いで痛みが待っているわけですが、足が再び暖かさを取り戻したことで、合併症の恐ろしさが幾らか遠のいたことで、少し心のゆとりにもなりました。

足が冷えなくなり、暖かさを感じ始めたことは、足の血の流れが良くなったということです。

血流が良くなるとすれば、糖尿病は血管の病気、動脈硬化の病気と言われているわけですから、サラシアが糖尿病の救世主と言われるのも当然です。

また当時夫は、歯茎もよく腫れており、痛くて食事が食べられないことが多々ありました。

でもサラシアを飲み始めてからは歯茎の腫れも止まり、以後腫れることはありません。