「肥満と糖尿病」は切っても切れない関係

肥満は糖尿病の誘因の一つです。この肥満もまた遺伝すると言われています。

肥満になるとインスリン抵抗性が起こり、細胞が糖をうまく取り込めず、血糖値が下がりにくくなります。

さらに膵臓からインスリンを大量に分泌することで血糖値を下げようとしますが、最後には膵臓が疲れ果ててしまい、インスリン自体を分泌しなくなります。

それに肥満の方はたいてい運動不足も絡んできているので、糖分をますますうまく利用できず血中にインスリンが溢れて高インスリン血症を招いてしまいます。

特に内臓型肥満かくれ肥満は要注意です。

糖尿病と肥満は切っても切れない関係です。