糖尿病予備軍とは?

一般に糖尿病予備軍とか境界型などと言われるグループがあります。

これは、血糖値が正常範囲を越えているが、糖尿病の診断基準に当てはまるほどには上昇していないグループを指し、血糖値の範囲で表しますと、空腹時血糖値が110~125mg/dlで、食後血糖値が140~199mg/dlの方を予備軍と見ているようです。

糖負荷試験という検査の結果によって判定されるもので、一般的には2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)の軽症型と理解して差し支えないでしょう。

血糖の上昇はあっても軽度で、合併症も進展しにくく、薬剤などによる治療は必要ありません。

しかし、生活習慣の改善を怠ると数年の内に発症してしまう恐れがあります。