糖尿病は「十人十色」

糖尿病は生まれつきの体質(遺伝的素因)を背景に、食習慣、運動不足、肥満、加齢などといった環境因子が絡み合って発症する事が分かっています。

環境因子はもちろん、遺伝的素因の中にも様々なバラエティがある上に、そのときどきの外的要因に影響されて、短期間のうちにでも血糖の状態は良くなったり悪くなったりします

体の重要なエネルギー源であるブドウ糖をうまく処理できずに高血糖状態に陥る点や、その結果、血管病変を中心とした様々な合併症を引き起こす点は共通していますが、合併症の起こり方も患者さんごとに違ってきます。

この様に、糖尿病という病気の出発点や経過は十人十色と言え、この多様性は、糖尿病の研究や治療を難しくする一因となっています。

したがって、症状、糖尿病の原因などをよく考慮して、自分自身の体に合った治療を心がけるようにしましょう。

糖尿病は生まれつきの体質(遺伝的素因)を背景に、食習慣、運動不足、肥満、加齢などといった環境因子が絡み合って発症する事が分かっています。

環境因子はもちろん、遺伝的素因の中にも様々なバラエティがある上に、そのときどきの外的要因に影響されて、短期間のうちにでも血糖の状態は良くなったり悪くなったりします

体の重要なエネルギー源であるブドウ糖をうまく処理できずに高血糖状態に陥る点や、その結果、血管病変を中心とした様々な合併症を引き起こす点は共通していますが、合併症の起こり方も患者さんごとに違ってきます。

この様に、糖尿病という病気の出発点や経過は十人十色と言え、この多様性は、糖尿病の研究や治療を難しくする一因となっています。

したがって、症状、糖尿病の原因などをよく考慮して、自分自身の体に合った治療を心がけるようにしましょう。